中国ドラマ『宮廷恋士官〜ただいま殿下と捜査中』楚女検屍官(原題・御賜小件作)ドラマレビュー:中華なCSIは高得点の8.4P:てこ監修”イケメン備忘録”は【王子奇ワン・ズーチー】【杨廷东ヤン・ティンドン】キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年5月22日

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。
 
今日は、中国ドラマ『御賜小件作』中華なCSIは高得点の8.4P、
を紹介するよ。
 
たまにある”伏兵が思わぬヒット”である。
低予算なので、出演者もほとんどが初見、はじめまして、である。
ノーマークだったのに、配信が始まるとあれよあれよと高評価。
驚きの8.4Pをたたき出した本作である。
 
清平乐とか長安諾とかで煮詰まって、「なんか疲れたし見てみっか」で視聴開始。
なんなん、ほっこりする、この子たち。
って感じで息抜きのつもりが一気見の快挙である。
テンポがいいし、うるさいのも出てこないし、ハラハラもしないので、重いドラマの息抜きに丁度良い。
全36集で短いし、ってか華流は(特に古装)は長すぎる。
70集過ぎに実は終わりませんよ(しつこいようだが、牧雲記の続編を待っている)とかはほんと萎える。
なので36集はグッジョブである。
 
ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

御賜小件作ってどんなドラマなん?

中華なCSI:科学捜査班”、
もしくは”中華な法医学教室・早乙女響子の憂鬱”である。
ちなみに法医学~はてこの架空なのでググってもでてこない、あしからず。
 
↑の画像が主角のおふたり。
左がグリッソン位置の萧瑾瑜(王子奇 飾)
右が早乙女響子位置※注:てこ架空、の楚楚(苏晓彤 飾)
 
男主角の萧瑾瑜は安郡王で三法司のトップの人(たぶん)で、無双の推理力の持ち主。
で、女主の楚楚は件作(検視官)見習いだけど、無双の検視能力の持ち主。
無双×無双だから、めちゃ無双!(語彙力)
 
男主の幼馴染の男②景翊(杨廷东 飾)
もう一人の幼馴染で男②が好きな女、冷月(赵尧珂 飾)
この4人で事件を解決してく。
 
時代背景は中唐の宣帝のころ。
この辺りは宦官が(まぁ、いつの世もか)力を持ってる時代で、文帝(宣帝の前朝)は宦官に擁立され宦官によって殺されている訳で。
宣帝もご多分に洩れず、そんな感じで帝位についてるのだが、隙をみて宦官を一掃したいと考えてる。
で、宦官は宣帝の思惑も知りつつ権力の高みへの野望をたぎらせてる。
↓で、そのワル宦官が穆懐虎(秦鸞 飾)
ヤバ目の怪演であった。
↓宣帝は唐のジオラマ作って眺めてるオタク。
ヤングたちは、有能で、素直で、頑張り屋さんが集まり、オジ世代はこじらせた奴らばっかりで、とても良い。
↑安定の韩蹟(宗峰岩 飾)もおる。
心配いらない顔ぶれである。
ヤングな奴らをお膳立てする準備は万端整った。
 
物語は小さな事件を解決しつつ、36集かけて大きな一つの事件を解明するという感じ。
途中、恋愛も若干入るがごくごくうすーい感じで。
その辺もてこの好みに合いましたねぇ。
 
イー:玉牌の謎(パパの行方)
アル:皇位をめぐる陰謀
サン:恋の行方(ふたつのCP)
 
ってな感じで進む(わかるようでわからない・ぺこり)

御賜小件作てこ監修”イケメン備忘録”

無双の推理力の男子@萧瑾瑜【王子奇ワン・ジキ】

初対面シーン、本を読んでて開いたドアにぶつかる、少女漫画設定に案の定萌えるてこである。
こーゆーベタさって、鼻につくのとつかないのがある不思議、基準はなんだろう。
要は女次第ではないかと思う。
わざとらしかったり、けたたましかったり、あざとかったらアウト。
今回は、、、まぁ、あとあと気にいらないとこもチョイチョイあったが、ギリセーフって事にしとこう。
 
で、男主の彼だが。
ノーマークだったとは。
てこ、不覚。
本作では、グリッソン並みの鋭い推理力と、冷静沈着な思慮深さ。
用意周到な策でどんすか謎を暴いていく。
とっても”きもちいぃーーー”by北島康介な謎解きでグッド。
しかも、身分違いの女を力技で嫁にする男気。
ふだんはそんなキャラじゃないが、皇帝を説得してる時は”漢”に見えたよ。
ぇ?なに?かっこいいんだけど。
 
1996年2月25日生まれの25歳、身長体重わからず。
でも大きいはず。(なにそれ)
北京电影学院を卒業か在学中。(なにそれ)
ぇ?なに?かっこいいんだけど。
「九州天空城2」にでてるらしい。
!まじ?途中放置なんだけど。
やっぱりアレだね、どんな苦しくとも最後まで見ねば。
こーゆーNewカマーを見逃してしまう訳だ。
なんとも無念。

能ある鷹な男子@景翊【杨廷东ヤン・ティンドン】

お坊ちゃまで、お気楽なふりをして、実は武芸もできるし、頭脳も明晰な”爪を隠してた男子”である。
飄々としてて、何かと深く物事を考える男主①と良いコンビである。
評価したいのは、彼が普通は女主に横恋慕、が王道な訳だが、本作はそうではない事である。
もう一人の女②を好きな設定で、女②が男主①の兄と結婚するかも、で動揺する様がなんとも萌えた。
なに、このこ?
ほんといいんだけど。
ぇ?なにこれ?かっこいいんだけど。
 
1994年12月22日生まれの26歳、182㎝、65㎏。
北京电影学院出身。
 
杨洋主角の「全职高手」という映画に出てるらしいが、未視聴なのでわからない。
「约吧!大明星第二季」というリアリティ番組に出てるらしい。
直近は徐开骋主角の「我的漂亮朋友」のようだ。
んー見てみたい気もする。
サーチしたら@腾讯视频で観れる模様。
ただ40集越え、現代劇なのに長くね、、、。
とかく視聴中が多いので、ひと段落したら観ようかな。

御賜小件作てこが見た感想

非常にバランスの良いドラマだった。
 
三つの主題(あくまでてこ主題)の回収劇もきちんとしてたし。
隠れ主題である、血統や職業に対する差別もきちんと納得する形に落ち着いてると思う。
 
検視官って今でゆうところの法医学なわけであるが、法医学を修めるには頭脳とそれなりのお金が必要である。
現代では”ほぅ?”と言われる職業であるが。
だがしかし、時代か。
そう、女医が虐まれてた歴史を考えると、わかるような気もするが。
理由が男に触るから、ってのが衝撃的である。
その単純さを考えるとわからなくもない。
死に纏わる仕事は”穢れ”的なものがあり、それを生業にしてる者には偏見と差別があったのだろうか、と容易に想像できる・
日本でも屠殺場で働く人間は部落民だった、という歴史もあるし。
重ねて言うが、わからなくもない、ふむ。
 
男主がそんなアイデンティティより、人間性を重視してくれたことに単純に喜びを感じた。
まぁ、うまいこと行きすぎて、とんとん拍子だった感は否めないが。
低予算だし36集だし、おまけしちゃいますよ。
加えて、ヤングたちがほんとにほっこり。
いじけたりしないし、さわがしくないし、キャラ設定が非常にグッドであった。
 
見た後にどんよりしないとか、いつぶりだろうか。
 
日本に来るかはわからんが、お薦めできる作品であった。