『孤高の花~General&I』(原題・孤芳不自賞)中国ドラマレビュー:天涯四美の【鐘漢良ウォレス・チョン】主演、てこ監修”イケメン備忘録”は【孫藝洲スン・イーチョウ】キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年1月12日

http://68.media.tumblr.com/1257879f05a2178973b689c02771e209/tumblr_oimncw0oVM1tnzn5zo2_1280.jpg  | 中国歴史, 映画, 古装

ご訪問ありがとう。
てこブログへようこそ。

今日は『孤高の花~General&I』(原題・孤芳不自賞)を紹介するよ。
主演はウォレス・チョン(鐘漢良)言わずと知れた中国の天涯四美イケメン四天王の一人である。
お相手のヒロインは、(ふぅ、、、タメ息)アンジェラベイビー、、、。
えぇ、あのお方ですよ、ドールフェイスの非の打ちどころのない顔面&ボディ。
えぇ、そうですとも、自然界には存在しえない生き物である。(ファンの方申し訳ない、ごめんなさい、ファンの方はこの先は読まない方がよい、念のため)
いかなる時も、どんなシーンでも同じ表情。
しかも、こじらせる、どうしようもなくこじらせるのだ。
おかげで周りの男どもはみんな惑わされる。
作中で「妖女だ」と言われるが、マジそう、深く同意。

三角関係を築くもう一人のイケメンはスン・イーチョウ(孫藝洲)てこの本作イチ推しメンである。
『続・若㬢』でも闇落ちキャラだが、今回も見事な闇落ちぶりを披露してくれてる💖
ウォレス・チョン扮する楚北捷(そほくしょう)とスン・イーチョウ扮する何侠(かきょう)が熱く切ない戦いを繰り広げる訳だが、、、
”おまいら飛べるん?”
お二方共、仙人級の武の達人設定だが抱っこして屋根に飛び乗るとか、、、ちょっと飛び過ぎ(笑)

まぁ、これからじっくり語るとしよう。
てな感じで今日も始めるよ、最後までよろしく!

孤高の花ってどんなドラマなん?

このドラマの中心は、敵国どうしの白娉婷(はくへいてい)と楚北捷(そほくしょう)が紡ぐ”禁断の愛”
中華時代劇は禁断の愛シリーズが多い。
チャオ・リーインの「花千骨」では、禁じられた師弟愛。
リウ・シーシーの「酔麗花」では、巫女と皇子との禁断の愛。
リー・イートンの「晩媚と影」では、女刺客と護衛の禁じられた恋。
ティファニー・タンの「王女未央」では、亡国王女と仇国皇帝の孫との恋。
本作「孤高の花」では、敵国同士の軍師と将軍の愛。

ありがちな展開で
①大昔(幼少期)に助けたor助けられたことがあり、互いに初恋の人だったりする。
②再会時は敵対する関係
③2人の恋路は数々の困難が待ち受ける(大抵、皇太后とか皇帝とか、横恋慕の女or男の嫉妬とか)
④両思いになるが、別離(全てこじらせ女ヒロインのせい)
⑤こじらせたわりに結局復縁
⑥三角関係の清算

とまぁ、こんな感じで王道のストーリー展開である。
敵対関係の時に、楚北捷が白娉婷を口説きまくる訳だが、北捷の恋愛スキルの高いこと。
心を掴むためのたゆまぬ努力。
アンジェラに刺されても、毒塗り服を着せられても全く動じず、ずっと好き♡と言い続ける(目を覚ましてほしい、、、)
飛んでくる矢を手で受け止め、降りかかる剣をマトリックス並みにギリで避ける。
1人で100人くらいと戦えるのに何故か振り向きざまのアンジェラの剣に刺されるって!(わざとか!恋愛スキルである)
蝋梅の木まで植えてたし(雪の中、寒そう)
「そなたの為に、私は世に背き、世を恐れぬ」
不整脈ドキッ💕なにそれ、言われてみたい。

エスピーオー公式_アジアドラマ on Twitter: "BS12で好評放送中の「#孤高の花」。本作で楚北捷(そほくしょう)を演じる  #ウォレス・チョン さんのキャリアを振り返る記事を再掲載! 「中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)」 https://t.co  ...
ステキすぎ💖46歳には見えん

崖から落ちても、生きてるし(笑)
ケガしても、次の日?もしくは午後?には復活!
アンジェラ抱えたまま、窓から屋根に飛び移る!(飛べるん?)
で、好き同士の2人なのに、アンジェラ曰く「私が側にいたら楚北捷が不幸になる」とかで2人は離れ離れに。
ぇえ、まさにこじらせ女の言いそうな事。
さらに、ありがち展開、「三年後」
でも三年後の北捷がメチャいい男になってた件😍グッジョブ👍
草原の民っぽいドレッドスタイルに!
でも三年後のようやく会えたの53話目くらい、長い、とてつもなく。
半分くらいに凝縮してくれた方がもっと劇的になると思うんだが。

Catherina boszorkánykonyhája - KÍNA és TAJVAN - Kínai drámák - General and  I - 孤芳不自赏(C-dráma, 2017)
ドレッドな北捷💖

アンジェラ扮する白娉婷は女軍師・女諸葛亮とか言われてるけど、実際はさほどでもない。(てこでも考え付くわい)
琴で攻撃の合図とかありえないから。
幽霊騒ぎで敵を撃退とかありえないから。
中華時代劇は人間の感情をごくごくシンプルに描くようだ、だからとても単純設定なのだ。
”ぇ?これでだませるん?”、”ぇ?まさかもうフォーリンラブ?うそやろ?”とかごくごく普通。
まぁ、それが中華時代劇のよさでもあるが。

可哀想なのは何侠(スン・イーチョウ)である。
両親殺され、逆賊にされ、愛する女まで奪われた。
でも何侠は世間知らずの甘えたの坊ちゃんじゃないよ、虎視眈々と天下を狙う。
耀天皇女の前で、アンジェラの琴聴いてたら辛抱たまらなくなって、剣舞しちゃった姿なんて惚れてまうわ😍
耀天皇女自害で何侠の欲望・野望が「悪」そのものになってしまうのだけれど(観てたみんなも何侠のこと憎んでたろうなぁ)
何侠はこのまま野望を叶えるかに見えて、その一方でどこか破滅していくフラグが立っていた。でも、てこはずっと何侠の味方、ずっと下剋上ワンチャン願ってたけどね(泣)

ミケヲ on Twitter: "放送終了した王女未央。南安王のアテレコの声優さん、孤高の花の何侠の声もやってた。どちらも男二,囁く声が特徴的。どっちもどっちだけど、声は悪くない。  #王女未央 #孤高の花… "
長髪version何侠
エスピーオー公式_アジアドラマ в Twitter: "おはようございます 今週も1週間、がんばりましょう🐎🐎🐎🐎✨✨✨  (´-`).。oO(たまには何侠氏も😘) #孤高の花 #スン・イーチョウ #何侠… "
闇落ちversion何侠

イケメン備忘録【ウォレス・チョン】【スン・イーチョウ

ウォレス・チョン(鐘漢良)楚北捷

「逆水寒」(2004)でウォレス・チョン(鐘漢良)が演じた顧惜朝

ウォレス・チョン
良きかな、良きかな💕
「逆水寒」は日本では見ることが出来ないようだ、ほんと残念だが。
マイ・サンシャインを見たけど、てこは時代劇のがお好み。

スン・イーチョウ(孫藝洲)何侠

孤高の花」の何侠(かきょう)役のスン・イーチョウもイケメン過ぎて困る! – 気になる小ネタ.net

スン・イーチョウ
良きかな、良きかな💕
主役のウォレス・チョンに負けず劣らずイケメン過ぎて困る件😍
身長180cmを超え、イケメンの第一条件である「高身長」は確実にクリア。
からの~体重76kgということは、筋肉も申し分ない模様、まさにベストな体型。

孤高の花~てこが見た感想

よくよく考えてみて欲しい。
何侠は燕の敬安王府の王子で白娉婷が仕えていたのはこの人物。
元々は何侠が白娉婷を娶ることになっていた。
何侠がヒールになってるけど、何がいけなかったのか改めて振り返ってみると、やっぱり事の発端は、人望も力もある敬安王家を恐れ、滅ぼしてしまった燕王が悪いのか…あれ?それをそそのかしたのは…楚北捷?ってことになる訳で。
そうなの、不幸の発端は北捷なんだよね、それなのに愛してた女はその北捷んとこに行ってしまった。
そりゃあ、怒るわな、黙ってらんないよね?
敬安王府再興を目指すの当り前じゃね?
アンジェラって裏切者だし、恩知らずってことな訳よ。
「何侠は残忍、人の心をなくした」とか、アンジェラ言ってるけどなんでやん?
『どの口が言う!!おまえが言うな!!!』と言いたい。
自分らだけ幸せで、なんか間違ってるとか疑問ないん?と言いたい。
本来なら、何侠と力を合わせて敵討ちをして敬安王府再興して、結婚して、、、違うん?
禁断の愛じゃなくても物語はつくれるやろ?と言いたい。

しかし、である。
最後の最後、楚北捷との死闘の際に、体を張って道連れで死ぬ覚悟で何侠を倒そうとする白娉婷を何侠が助けた時「あ、この長いドラマ、全部持って行った」感。
そう、ヒロインは何侠だったんでは?という結論。
そう考えると全てスッキリした。
”何侠よ、おつかれ、よう頑張った、安らかに眠れ”

敬安王子 何侠 (孫藝洲)