中国ドラマレビュー『MULANムーラン』(原題・巾帼大将军)男装に気付かない素直な2人の男子【袁弘ユエン・ホン】【陳思成チェン・スーチェン】幼馴染or貴公子 うらやましいぞ!キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年2月18日

中国ドラマ「ムーラン」☆登場人物&キャスト: ☆お気楽♪電影生活☆

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。

今日は「MULANムーラン」を紹介するよ。

ヒロイン争奪の男子二人は
趙宇ちょう・う・・・ユエン・ホン[袁弘]
ヒロインの幼馴染で将軍府趙家のお坊ちゃま、礼儀正しい“本の虫”設定。
楊俊よう・しゅん・・・チェン・スーチェン[陳思成]
対揉冉の軍を率いるヒロインの上司で楊堅(皇帝)の三男、貴公子設定。

このお二方である。

ヒロインは
華若蘭/花生か・じゃくらん/か・せい・・・エレイン・コン[江若琳]
男勝りで正義感の強い娘設定。
体を壊した父の代わりに男として従軍し、花生と名乗る。

このヒロインが気に入らん!(またかっ・笑)
葉昭(「花と将軍」参照)とくらべものにならんわ・怒!
こんなん”女将軍”とは認めない、断じて認めない。

それでもあえて記事を書くのは、愛しき殿方お二方の為。
てこ監修”イケメン備忘録”はこのお二方とする。

ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

MULANってどんなドラマなん?

そもそも「木蘭ムーラン」とは名前である。
(でも本作では木蘭じゃなくて「若蘭」がヒロインの名前)
南北朝時代の叙事詩<木蘭詩>に登場、その後現代まで脈々と受け継がれている伝説の女性・木蘭の物語なのだが。
ディズニー映画になったり、実写映画もあるから、皆もサラッと知ってるよね。
男装し従軍して于余曲折の末、仲間と認められ、更に女とバレるけど同じ釜の飯を食った仲間の信頼熱く、戦にも勝利し大将軍となるも、最後は家族愛を第一に田舎に帰る、ってのが大筋。

だけども、”ほぅっ”と感動させる”将軍と呼ばれた女性の波瀾に満ちた一代記”にするためには
ムーランたる若蘭がこの上なく魅力的じゃなくてはならないのでは?』と問いたい!!!
ヒロイン若蘭、これはダメ、全然ダメ。
従軍したならそれなりの覚悟があってしかり。
なのに、うじうじしてるし、キャーキャー言ってるし、女傑には程遠い。
それなのに正義感ふりかざすし、家族愛と思い込んで余計な事するし。
若蘭、ぜんっぜん成長しないまま将軍になる、っていうなんとも胸糞バッドな流れ。
しかもモテてるしっ・怒!

唯一の慰めは、ヒロインが女とバレるのが割と終盤の為、恋愛三角関係になるのが遅かった点。
”なぜに気づかん?”と突っ込みたいとこだが、それでいい。
男だと思っててほしい、永遠に。
意思表示する間もなくの急展開だったため、はっきりとした告白もなく👍
もちろんスキンシップなどもない・グッジョブ👍

本家「木蘭詩」の時代背景は北魏だが、本作の時代背景は隋。
ぇえ、ぇえ、「独狐伽羅」の時代ですわ。
皇帝・楊堅&皇后・独狐伽羅。
楊堅に比べて伽羅がすんごい年上に見えるけど?どぅ?
迫力あってできる女ではあるが、いささか歳とりすぎでは?

巾帼大将军 皇后
独鈷伽羅さん隋の皇后さんです

あと、史実では幼い宇文闡は楊堅に殺されているけれど、本作では孫を殺され涙を流すヒューマンな祖父設定に。
影ヒールの楊広(楊堅の次男)は次期皇帝で悪名高い煬帝になる訳だが、本作では弱弱しいずる賢い小物感漂わせてた。
楊勇も人間味あふれるおバカさんに描いてたし。
楊家に負い目でもあるのか(笑)楊家より(贔屓)の作り。

余談だが『隋唐演義』でも煬帝は諸悪の根源として描かれてるが、史実はそうでもない、ほんとのところ。
悪名高い皇帝で最後は臣下に殺されてしまうけど(まぁ、みんなそうだよね?)大運河を作ったことは大きな功績。
シナ大陸に大動脈を通した煬帝の大土木事業は、統一に寄与したという意味で、秦の始皇帝に継ぐ業績だと思う。
その割に後々の評価が低いのは、高句麗遠征に失敗したからなわけで。
そこんとこ理解よろしく!

台湾ドラマ あらすじ: ムーラン(中国ドラマ) あらすじ
左のお方(右は若蘭さん)

もう一つ言っておかねばならん事が。
それは↑の画像の左のお方。
道端でいじめられてた女人を助けるシーン。
左のお方、かなりブス個性的なお顔をしてらっしゃる。
家に連れてって介抱したら、若蘭のなりすましで嫁に行くことになる訳だが。

無料視聴あり!ドラマ『ムーラン』の動画まとめ| 【初月無料】動画配信サービスのビデオマーケット


ぇ?
別人?
!!!!!?????
”メイクの力って凄っ”ってなった・笑。
目の離れ方やら、鼻穴の向きやら、歯の感じやら、なにやら既視感。
どこぞの誰かに似ておる(研○○○)
新人女優さんらしいが、今後お顔工事などしてるか見守りたい。

MULANイケメン備忘録

楊俊役・・・チェン・スーチェン[陳思成]

お待ちかねのてこ監修”イケメン備忘録”
一番手は楊俊役・・・チェン・スーチェン[陳思成]

そうなの、けっしてイケメンではないの(失礼・ぺこり)
大陸では順調にスタア街道を歩み堂々の”イケメン枠”入りのようだけど(主に映画でご活躍)。
お髭が濃ゆいようで剃り跡が青いのと、ぷっくりしたほっぺがどうしても違うものにみえてしまうてこ。
それは、、、
”とっとこハム太郎”のタイショー君👍

強くてやさしいタイショーくんクイズ! 何座? 好きなコは? 一緒に住んでるのは? | ハム太郎(とっとこハム太郎) 公式サイト
どや?似てるやろ?

楊堅&独鈷伽羅は言わずもがな、長兄は色好、次兄は腹黒、姉も謀反狙ってる、そんなロイヤルファミリーの中で唯一善良な3男の楊俊くん。
軍服はまだいいとして、王子服着用は、、、ほんと似合わなくね?笑

陳思誠 hashtag on Twitter

でも善良で精悍で文武両道なタイショー君をずっと見てると、だんだんと感情移入してくる不思議。
最終的には愛と平和を守るため、異民族の公主との結婚を選択するタイショー君。
若蘭との最後は↓

💕
どや?
心がイケメン💖
涙涙でカタルシスゲットの流れ→タイショー君好き方程式確立。

とっとこハム太郎の画像92点|完全無料画像検索のプリ画像💓byGMO
忘れないでくれ、愛している、永遠にbyタイショー

リアル版のタイショー君は普通にイケメン。
角度とか、メイクとか、なんかで(笑)それなりに見えるマジック(失礼・ぺこり)
タイショー君チェン・スーチュンは1999年中央戲劇學院にトップの成績で入学、2001年にはデビュー。
映画『スプリング・フィーバー』に出演。
↓を見る限り現代劇の方がよろしい感じ。

すぺしゃる:陳思成(チェン・スーチェン)お写真_c0212932_11313583.jpg

趙宇役・・・ユエン・ホン[袁弘]

趙宇役・・・ユエン・ホン[袁弘]

麻辣宮廷火鍋 - 巾帼大将軍 (ムーラン)
中国ドラマ ユエン・ホン ムーラン ≪中幗大将軍≫ : 全40話 の落札情報詳細| ヤフオク落札価格情報 オークフリー・スマートフォン版
馬も一人で乗れない

「宮廷女官 若㬢」の13様。
「秀麗伝」では”妻を娶らば陰麗華”って言ってたお方。
言わずと知れた”古装美男”ユエン・ホン[袁弘]

本作でも、もちろんイケメンだが、それ以上に演技力に脱帽。
”本の虫”であるからして、武術などもちろんできないし、しゃべりも本の引用で小難しくてテンポ悪い設定。
おどおど・なよなよ・空気読めない・でウザさ満載の演技力。
もしこれが、タイショー君が趙宇だったら、、、と想像すると”だたのウザい幼馴染”になってた可能性が。
で、楊俊役がユエン・ホンだったら、、、”もうっ、好き、楊俊と結婚したいっ!”になってたはず。
そう考えると絶妙なキャスティング、グッジョブ👍

タイショー君がかっこよく見えてきた不思議のように、趙宇のウザさも回を追うごとに愛おしく頼もしく見えてくる不思議。
いかにこのお二方が、若蘭の為に苦労したか察することが出来よう。
その分若蘭への嫌悪感が増す方程式。
比例・反比例の法則である。

十三阿哥袁弘不願只當美男子- 時尚娛樂- 旺報
13様時代
远大前程齐林扮演者袁弘个人资料介绍_老男人

良きかな、良きかな💕
リアル版の13様趙宇さん。

スラリと長身、所作も優雅なユエン・ホン、本作ではC-3POに見えた(笑)

MULANてこが見た感想

タイトルが「MULAN」なのだから、あくまで”将軍と呼ばれた女性の波瀾に満ちた一代記”なはず。
ならばヒロイン設定が間違いだと主張する。
女でありながら男前な女傑設定でなければならん。
女優が悪いわけではない、念のため。
あくまで設定したPのせい。
「花と将軍」の葉昭を見たばかりのせいか、「妖魔伝リザレクション」のヴィッキー・チャオの暴力性を見たばかりのせいか、男装女子のくせにちょいちょい女臭を出して気をひく若蘭がいやでいやでしょうがなかった。
若蘭の家族愛の押しつけがましさが嫌だったのに、ラストに数年後の若蘭&趙宇ファミリー団欒映像があって、”っっっんもうっっ、、、”ってなった。

ラブ要素はあっさり薄味、歴史ものとしても設定の甘さから疑問多(揉冉ってなに?柔然のことなん?とか)家族愛も独りよがり、全体的にビミョー。
「隋唐演義」「独鈷伽羅」のスピンオフとして見るぶんにはいいかもしれない。

中国ドラマ ユエン・ホン ムーラン ≪中幗大将軍≫ : 全40話 の落札情報詳細| ヤフオク落札価格情報 オークフリー・スマートフォン版