中国ドラマ『探偵麗女~恋に落ちたシャーロック姫~』(原題・少女大人)ドラマレビュー:また男装です【張凌赫/张凌赫ジャン・リンホー】【張家鼎/张家鼎ジャン・ジアディン】【黄毅ホアン・イー】キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年6月20日

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。
 
今日は、中国ドラマ『探偵麗女~恋に落ちたシャーロック姫~』(原題・少女大人)ドラマレビュー:また男装です、
を紹介するよ。
 
何ですかね?この邦題。
”きらきらうふふ”モノと思われて敬遠されてしまう危険性を感じる。
ラヴ史劇に間違いないが、ラヴ全面推しって感じでもなかったがな。
ヒロインが男装の麗人だから、麗女って事なのだろうか。
 
しかし、見てみるといかに的外れな邦題かがわかるのでぜひ見て欲しい。
ヒロインは悲惨な過去があり、生き延びるために男装し、リベンジを果たそうと日々奮闘中。
であるからして、間違っても「探偵麗女」などではないのだ。
 
男主は、おそらく本作がデビュー作のマジモンのNewカマー【張凌赫/张凌赫ジャン・リンホー】である。
デビュー作なので、まぁいろいろと多めに見て欲しいのだが。
女主初め、脇の俳優たちは芸達者な実力者なので、思いのほかびしっと引き締まってる印象である。
 
ところで、このドラマ。
EDにちょっとした1〜2分のおまけ映像があるのだが。
実は見ていて?となる部分があったりするのだが、それを補足説明する仕様となっている。
おそらくは尺の都合上カットされたものであるが、あったらより良い、と言う事での苦肉の策ではなかろうか。
驚くことに、キスシーンなどがカットされている時などもあり、なかなか興味深く見させて頂いた。
 
ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

少女大人ってどんなドラマなん?

女主@蘇瓷/苏瓷(中の人、陳瑶/陈瑶)は、7年前に謀反の濡れ衣で一家を惨殺される。
生き延びるために男に扮し、やがて明鏡署で刑事となる。
偉くなって、証拠をつかみ一族の汚名をはらそうと孤軍奮闘中。
男主@斉王/裴昭(中の人、張凌赫/张凌赫ジャン・リンホー)
待ち伏せにあい軍が全滅した責任をとって兵権を返上、国政から身を引く。
そして裴昭という名で遊歴を始めるが、裏で当時の真相を調査している。
というのが初期設定。
 
で、この2人が運命的な出会いをし、事件を解決しながら恋も進み、お互いの事件の真相に近づく、という流れ。
行動を共にするのは4人組➕お付きの少年1名。
サブCPが↓の2人。
ラヴラインは、メイン・サブともに非常にあっさり薄味。
拗らせる面々もいないし、ジェラシー黒化要員もいない。
斉王の身バレもさらっと流してこじれず。
 
本ドラマはラブラインだけでなく、他もあっさり薄味に仕上げていてとても好ましい。
ちょいちょい起きる事件も、都合よくリベンジ案件につながる事件だし。
斉王の目が〜案件も前半で解決される。
とうとう女だとバレる時も、これは斬首セレモニーまで引っ張るかと思いきや、あっさり開放。
年若い皇帝も、傀儡皇帝ではなく若いながらも背景にあるものを考察できる聡明さを持っている。
 
ヴィランはただ1人だけ、という実にシンプルな構造となっている。
女主の敵も、男主の敵も同じ人物だし、ヴィラン以外はみな物分かりのいい人間ばっかだから。
要はこの悪者さえいなくなれば、万々歳なのである。
でもそれだと面白くないんで、男②にちょっと仕込みをしましたよ、っていう製作陣のお膳立てである。
この辺もしつこくなくて良きであった。
 
クライマックスまでに、恋は成就してるので肝ポイントは
・悪者を成敗できるか
この一点だけである。

少女大人てこ監修”イケメン備忘録”

Newカマーな男子@斉王/裴昭【張凌赫/张凌赫ジャン・リンホー】

本作がデビュー作という、正真正銘のNewカマー。
 
てこがこよなく推している赖艺ライ・リーさまを彷彿とさせるルックスである。
どうです?似てない?
赖艺からぎらつきを取って、善人顔に変えたらこうなります、って感じがする(すみません、ほんと・ぺこり)
鼻から口にかけてが、よく似ている。
 
戦場でのキレッキレの殺陣もいいが、優しく抱擁もステキング。
なんだか柔らかそうな唇だし、うるうるする瞳もお美しや。
目がアレなんで、目隠しして戦うとか、皆がいかにも喜びそうな設定にまんまと喜んだてこである。
割とイチャコラが多くてキスシーもけっこうあるのだが、さらっとしてる、何事も。
相思相愛となっても、お互いに仕事はきっちりするし、大人のCPって感じでよかった。
相手役の女優の技量に引っ張ってもらった、ってのもあるが、十分健闘してくれてたという感想である。
何と言っても、醸し出される”プリンス感”がよかった。
そして、鼻にあるほくろに萌えた。
これに色気やら、ワイルドさやらを加えたらどうなることかと、上乗せポテンシャルを想像しただけで幸せになれそうである。
 
今後間違いなくくるであろうイケメンNewカマーである。
てこの眼に狂いはない、いつでもどこまでも。
1997年12月30日生まれの23歳、188㎝。
南京师范大学卒業(たぶん)
 
「心动的瞬间」「苍兰诀」「我和我的时光少年」「百炼成钢」

かわいいあいつな男子@谢北溟【張家鼎/张家鼎ジャン・ジアディン】

ぃやぁ、好みです、彼。
この男臭さダダ漏れなのにエクボがかわいいギャップ萌え。
 
気は優しくて力持ち、みたいなキャラで脳筋属性だけど一途でかわいいあいつな男子である。
彼の出自にはちょっぴりエッセンスを加えた製作陣のお膳立て。
最後は男気も見せれたし、ヒロイン感も出ててよかった。
1994年4月6日生まれの27歳、183㎝。
中央戏剧学院卒業。
 
↑は「骨语」というドラマのスチールであるがめちゃかっこよくね?
彼も割とNewカマーである。
出演作も少ないが、「择天记」に出てたらしい。
てこは@鹿晗のドヤ顔演技とアイドル顔が苦手で途中放置なのだが、やはり完走しなければなるまい。
直近は「神经家族」というドラマらしい。

第二の飛流くんな男子@飛鳶/飞鸢【黄毅ホアン・イー】

みなさんの大好物のヤングボウイである。
皆を幸せにしてくれた、あの飛流くんも今や立派な大人となり、同じ人間なのに似て非なるものへと変わり果ててしまい涙に暮れた悲しみよ。
涙は未だ乾いておらず、、、。
そんな時に颯爽と現れた無垢な美少年。
大人になんかならないで、と
少し大人になった姿を見てみたい、の間(はざま)に悶えるてこである。
 
本作では、少年というよりは少年と青年のちょうど境目、あたりの可愛くもあり、かっこよくもありなまさにレア時代である。
男主のお付きなので、出番も多くてこの萌えポジとして非常に貢献してくれMVPと言って過言ではない。
 
どんな青年になることやら、と期待しているのだが。
ぉや?すでに青年になってる?
良さげ、めちゃ良さげ。
2003年9月5日生まれの18歳、きゃー、ガラスの10代♡
 
「大唐荣耀(麗王別妃)」「笑傲江湖(2017版)」「黑色灯塔」
ぬん!「千古玦尘」にも出てるとな。
見ねば。

少女大人てこが見た感想

非常にシンプルであっさりしてて、テンポもいいし、コンパクトだし。
何と言ってもウザキャラが1人もいない奇跡のドラマである。
たまにはいいよね、こんな作品も。
相関図見てるだけで酔いそうになってくる複雑さも時にはいいが箸休めも必要、って時にお勧めしたい作品である。
 
ひとりぼっちのヴィランは↓@云王(中の人、李进荣)なのだが。
ムサ叔好きのてこのレーダーが今回は無反応だったのだが。
突如クライマックスで↓こんな姿に。
最後まで玉座への執着を捨てれないしぶとさ。
愛する息子に裏切られた虚しさ。
カメラワークも”ドゥンッ”ってズームしたりして、ラスボス感大盛りであった。
こんなダメージ受けてるムサ叔に心を動かされそうになったわい。
 
そう、このドラマは、カメラワークが絶妙であり、演技を引き立てるエッセンスとしての効果が大きかったように思う。
実際、男主はこれに随分と助けられたのではないだろうか。
あっさりはしているがきっちり仕事はしてる、っていうアピールを感じた。
センスのない邦題がついてしまってるが、それに騙されず機会があったらぜひとも見て欲しい作品である。