韓流ドラマ『VOICE2・3~112の奇跡~』ドラマレビュー:悩める狂気のサイコパス刑事【イ・ジヌク】絶対聴力【イ・ハナ】チーム「ゴールデンタイム」孤軍奮闘物語:キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年2月18日



ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。

今日は韓流ドラマ「VOICE2・3~112の奇跡~」を紹介するよ。
シーズン1はチャン・ヒョク主演で良作であった。
絶対聴力を持つイ・ハナが110番通報を受けて、常人には聞こえない音を鍵に事件解決、という斬新さに感心した。

で、続編2・3は主演がイ・ジヌクに替わった。
タイプじゃない。
タイプじゃないのだが「グッバイ・ミスターブラック」が、てこの愛読書のレイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウを彷彿とさせるものがあり。
本作は刑事役のようなので更に被るか、と誘惑に負けて視聴してしまった。

因みにレイモンド・チャンドラーは英文で読むのが勿論一番だが、訳本なら村上春樹訳が一番よろしい。

ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

VOICEってどんなドラマなん?

VOICE2はまだいい、12話と割と少ないし。
VOICE3は正直”もぅ、ぃいやっ”ってなる。

幼い頃にすでに「ソシオパシー」と診断されてた(本人は知らない)彼は、父親と同じ「サイコパス」になるのではないかと、日々怯え、孤独の中で生きてきた、設定。
結果、ずーーーーーーーーっと邪悪になる自分を想像しては闇落ちしかけ、寸でのとこで持ち直す、を繰り返す。
邪悪VS善良、ひとりコント”が延々続く。

思えばイ・ジヌクは「グッバイ・ミスターブラック」でも頭に爆弾抱えていつも冷や汗たらして痛がってたし、「ナイン~9回の時間旅行」でも脳腫瘍かなんかで死にそうだったし、病気に苦しむ役が嵌るのか?

こじらせてるのはほぼ自分、初めから先輩とか同僚に相談すればいいのに、しかも大事なとこは”記憶喪失”だし、、、。
”オレにかまうな”って態度と言葉だけど、典型的な”かまってちゃん”
周りの人間は恐ろしいほど(笑)善良な人間が集まってるからほっとけるわけない。
ほっといたらよろしい。

”ラスボスがお兄さん”は割とすぐに察したけど、引っ張りすぎでシーズン3まで行ったのはやりすぎだ。
シーズン2を20話くらいにして終了で良かったのでは?

加えて、シーズン3がなぜか日本編になってる不思議。
日本にする意味あるん?
これもある意味反日?

ハリウッドもだけど日本のイメージって30年くらい更新されてないのでは↑。
こーゆー場所もあるにはあるが、これが一般的ではないからね?
”覚めた”入れ墨も馬鹿にしすぎだろ(笑)
そんなん入れる人いないから(笑)
イ・ジヌクのカタコト日本語は可愛いから許すけど、思いのほか日本人設定が多く、思いのほかカタコト日本語を聞かされた苦痛。
これほど日本語が多いのなら吹き替えすれば良かったのでは?
せっかくのハード・ボイルド設定が、あのカタコト日本語で台無しに。

VOICEてこ監修”イケメン備忘録”

狂気のサイコパスデカ【イ・ジヌク】

イケメン枠に入れるか迷うけど、他にいないからランクイン。

ぼさぼさヘアーに無精ひげはてこの好物👍
上半身裸シーンが1度だけあったがあふれ出す胸筋に💕

1981年生まれ185㎝71㎏。
間違いなしのスタイル。

VOICEてこが見た感想

エピローグを見るかぎり、シーズン4ある模様。
シーズン2のラスボスが復活しよった。

ぃやーな予感しかしないが、↑は”コウスケ”に執着してたから。
これは”コウスケ生きてたフラグ”では?

記憶も甦り、事実もはっきりしたんだからシーズン4は善良版イ・ジヌクで事件解決してほしいが、きっとこじらせるに違いない。
”サイコパス兄さんと同じ血が、、、”とか。

もぅ、ほかの人で良くね?
イ・ジュンギでお願いしたい💖

シーズンを追うごとに”絶対聴力”の魅力が無くなってきて、必要性が感じられなくなってる悲しさ。
社会問題にスポットを当てるのは構わないし、残酷なシーンもかまわないが、初心に帰って”絶対聴力”押しで制作していただきたい。

VOICEを視聴するには