中国ドラマ『バーニング・アイス 無証之罪』(原題・無證之罪)紫金陳ズ・ジンチェン@推理之王シリーズ第1弾”スノーマン殺人事件”【秦昊チン・ハオ】【代旭ダイ・シュー】キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年12月6日

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。
 
今日は、中国ドラマ『バーニング・アイス 無証之罪』(原題・無證之罪)紫金陳ズ・ジンチェン@推理之王シリーズ第1弾”スノーマン殺人事件”
を紹介するよ。
 
紫金陳ズ・ジンチェン@推理之王シリーズとは、
 
イー:2013年「無證之罪」→「バーニング・アイス 無証之罪」←イマココ
アル:2014年「壊小孩」→「バッド・キッズ 隠秘之罪~隐秘的角落」(原作翻訳本「悪童たち」レビュー参照のこと)
サン:2017年「長夜難明」→「ロング・ナイト 沈黙的真相~沉默的真相」(過去レビュー参照のこと)
この3作品である。
 
著者の紫さん曰く
@無證之罪では個人の悲劇
@壞小孩では家庭の悲劇
@長夜難明では社会の悲劇を書いた、らしい。
まさに三重苦、ヘレンケラー、言わば”悲劇シリーズ”だと言える。
 
@長夜ロングナイトはあまりの辛さに随分と泣いた。
悲劇だった、たしかに。
@悪童バッドキッズは・・・本しか読んでないからなぁ。
本は正直イマイチ(失礼・ぺこり)なのだが、ドラマの方はすこぶる評判がいいので。
おそらく悲劇なんだと思う。(記事はこの次に書く予定・・・)
 
で、今回は悲劇シリーズの第1弾なのであるが、レビューは2番目。
順番通りに視聴してレビューすべきであったが。
まぁ、仕方ない。
 
この3作に共通するのは”厳良”さんである。
@長夜ロングナイトでも事件解決のデカ(刑事)だったが。
時系列としては本作(@無証バーニングアイス)よりも後の話である。
@悪童バッドキッズでは、job changeして大学教授になっている。
ということは捜査官を辞めてるので時系列は一番後ということだ。
 
なので、本作の厳良は一番若い時の厳良ということである。
その厳良さん、本作は【秦昊チン・ハオ】である♡
彼のことは後でゆっくり語りたい。
 
バディを務めるのは王真兒ワン・ジェンアー。
小池栄子似の彼女だが既視感の方はおそらく↓を見ていたと思われる。
武媚娘傳奇(武則天)の@春盈である。
いつも韋貴妃にひっついて暗躍してる不穏な女だったが。
今回は厳良のできる女上司役(良かったです)
 
もう1人のヒロイン枠は鄧家佳ダン・ジアジア。
彼女も既視感の方は↓これを見ていたと思われる。
大明皇妃の@胡善祥である。
こちらもわりと不穏で可哀想な女だったが。
本作でも可哀想だが不穏ではなく、わりと最後の方は頑張った(良かったです)
 
うちの秦昊にいさんほどではないが。
注目すべき明星はなんといっても【代旭ダイ・シュー】であろう。
彼のことも後でゆっくりと語りたい。
 
ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

無證之罪ってどんなドラマなん?

「请来抓我」(私を捕まえて)
から始まるサスペンス。
間違っても「ワタシを捕まえて♡」の方じゃない、念の為。
 
登場人物のほとんどがどろっとしたドス黒い感情をもち、不穏な空気がそこかしこに流れてる。
中国東北部の閉ざされた雪の景色が、その世界観に拍車をかける。
重苦しく、息苦しく、逃げ出したい。
しかし背負ってるものが複雑すぎで身動きが取れない。
そんな感じが終始続く。
 
まずは、@胡善祥とだいしゅーの2人がチンピラ①を誤って殺してしまうとこから物語は動いて行く。
そこになぞのイケ叔がやってきて
「困ってるな
助けてやろうか」
なんて言ってきて、証拠隠滅コーチをしてくれる。
 
実はこのなぞのおっちゃんが一連のスノーマン殺人事件の”スノーマン”さんなんだが。
そこはかとなくレオンみを感じるイケ叔で。
めちゃミステリアス臭をぷんぷんさせている。
元監察医で厳良の先輩でありライバルでもあった。
連続殺人犯なのでサイコなクリミナルマインドの持ち主かと思いきや。
実はそうではなく。
実に悲しく切ない背景があった。
↑見てほしい、このイケ叔ぶりを。
姚櫓ヤオ・ルー♡
54歳、180㎝、ステキです♡
 
・なぜ優秀で善良だった彼が連続殺人犯になってしまったのか
その理由が徐々に明かされていき、実は本家本元の”元祖スノーマン”が存在するということがわかってくる。
 
この元祖スノーマンがマジで怖い。
5集くらいでようやく登場なのだが。
見た目どう見てもぱっとしない弱そうなおっさんなのに(失礼・ぺこり)
無表情でナチュラルにキレるおじさん。
人を殺す事が蚊を殺すのとなんら変わりがないように、容赦無く殺す。
自身は無痛症とかなのかは知らんが、血がだーらだら流れてても痛そうじゃない。
 
で、なぜかタバコを逆に吸うこだわり。(フィルターの方に火を付ける)
最初から両切りタバコ(フィルターなし)を買えばいいのに。
言っとくけどあのフィルターの味って最悪ですからね?
 
終盤に@胡善祥が元祖スノーマンになりすまし作戦のためにフィルターの方に火をつけてたが。
よくあのスマホの映像でそれに気がついたな、って思うのだが。(思わん?)
まぁ、それはいいか。
寧理ニン・リー。
49歳、176㎝、65kg。
@長夜ロングナイトではチーム江陽の一員として頑張った弁護士役だった。
 
狂気は伝わってくるが、中の人はまともな感じがわかる。
なんとなくこんなサイコなキャラを楽しんでる風が滲み出てる気がする。
怖っ、てなるけどゾッとする感じには至らない、そんな感じ。
 
人間関係はそんなに複雑ではないのだが。
それなりにある。
みながそれぞれに暗い過去をもち、狂気も見え隠れする。
スノーマンの2人はもちろんだが、捜査する厳良にも狂気が見え隠れしている。
(まともなのは女上司の@春盈くらいじゃないかな)
 
このドラマの主題はふたつある。
 
イー:どんなに疑わしくとも、証拠がなければ逮捕できない→無証之罪
アル:ちょっとしたボタンの掛け違えから雪だるまが転がるように罪を重ねる愚か者たち→雪だるま(スノーマ
ン)
 
日本でも状況証拠も有力だがやはり物証に勝るものはない。
証拠がなければ実証することは難しいという、なんとも歯痒い状況である。
 
@胡善祥が殺人を犯した時、自首していればおそらく正当防衛であっただろう。
実刑判決には至らないはずである。
しかし運命の悪戯か。
かれらは運悪く(良く)スノーマンさんに出会ってしまうのである。
嘘をついたら、ずーっと嘘を着き続けなければいけない。
もう、もう戻れない、という歯痒さ。
後悔先に立たずである。
 
そして、2集を残してスノーマンさんVS元祖スノーマン対決は結末を迎えてしまう。
 
ラストクライマックスの肝は
 
イー:厳良VS元祖スノーマン
アル:ラスボスの末路
 
ぇ!?
ラスボスって元祖スノーマンじゃないん?
と思ったあなた。
 
おいおい説明いたします。

無證之罪てこ監修”イケメン備忘録”

実はオレもかなりヤバいな男子@厳良【秦昊チン・ハオ】

うちの【秦昊チン・ハオ】ハオにいさんです♡
 
元監察医のスノーマンさんが頭脳派なら、にいさんは直感派の天才系である。
見えてるのも、証拠から導かれる結論はAだとしても
「オレの直感はBだと言っている」
そんな感じ。
 
そんなにいさんは無茶します、いつも。
 
リスペクトスノーマンぱいせんと義理の息子を〇〇されて。
”何が何でも元祖スノーマンを捕まえる”
これが宿願になった厳良。
実社会で生きるために、自らにリミッターをかけてた厳良。
自身もそれには気づいていない。
うまく生きて行くための防衛機能である。
 
それが、最大レベルの信号をキャッチしてしまいリミッターが解除されてしまう。
証拠がない・・・
この難題に挑むために、厳良が考えた策とは一体なんなのか。
 
「人はどんな時に人を殺したくなると思う?」
 
やぱいよ、厳良・・・
スノーマン先輩のようには決して成らない、と断言してるということは。
・・・ってな感じで元祖スノーマンに挑む。
 
まぁ、@長夜ロングナイトでもデカとして活躍してるから殉死は心配はしてないが。
それでも心配しちゃうてこである。
 
今回もハオにいさんが別人になりました。
ほんとにどんな時でもどんな役でも”すっ”とナチュラルになりきれる。
そんな役者である。
新しい役柄を見た瞬間に、今まで演じた役柄をすっかり払拭させられる。
そんな役者である。
 
クズな男だったり、フクロウに見えたりした作品もあったが。
いつも
「あれ?このイケメン初めまして?」
と思えるほどの豹変ぶり。
そんな役者である。
1978年5月19日生まれの43歳、181㎝、65kg。
中央戯劇学院卒業。
 
くぅー見てください↑無邪気な顔を。
そう素のにいさんは優しくお茶目なんです。
 
ドラマ「隐秘的角落」「锦绣南歌(驪妃)」「猎狼者」
映画「スプリング・フィーバー」「ブラインド・マッサージ」「浮城谜事」「234说爱你」「妖猫传」「上海王」「革命者」
待播ドラマは「亲爱的小孩」「大博弈」(たぶん)

人が変わった・・・な男子@郭玉【代旭ダイ・シュー】

@郭玉こと【代旭ダイ・シュー】です♡
@姜武(招摇)が初見だった方は、本作での人の変わりように驚いたはずである。
 
ドラマの序盤はほんのモブな感じで、基本↑の怯え顔がメインである。
@姜武は自信満々のオラオラムーブだったのにね。
ところが、途中チンピラ①の秘密ノート(裏金ノート)を手にして。
多額の現金を引き出したところから人が変わって行く。
こちらも雪だるま式に人生転がり始めるわけである。
 
本人は昇ってるつもりだが。
視聴者はほぼ未来が見えてきている。
その危うさが・・・心配・・・
・・・
ってならないのが、彼のすごいところで。
こっすい、もっすごくこっすいのである。
あまりのクズさ加減に、皆が
「そうしてられるのも今のうち・・・
後ですんごいカルマ来るで」
ってなるはず。
 
1年後、ちゃっかり法律事務所の所長に収まり。
好きな女もゲットして。
怯え顔?なんですか?それ?
みたいにシレっとしてるのがムカつくはず。
 
クライマックスの
「殺せ、そいつを
厳良
証拠がないんだ
殺すしかないって!!」
これはほんとにクズの極み発言である。
最後まであっぱれのクズさ加減で。
ここまで来ると逆に清々しくさえ感じるし。
最後に改心したりするのはてこは好きじゃないので。
これくらい突き抜けてくれた方がスッキリするね。
 
@姜武は役柄が男前だったので、あれでファンダムは間違いなく増えたであろうが。
本作は役柄がクズなので
「かっこぇえ〜〜♡」
とはならないはず。
しかし印象には強く残るし、役者としての技量も発揮できたのではないだろうか。
 
ヴィランていいですよね〜〜〜
1989年10月28日生まれの32歳、180㎝。
中央戯劇学院卒業。
 
誕生日ビデオも見るがいい。(発音が籠ったかんじが萌えるんですよ)
 
招摇」「无主之城」「黑色灯塔」「生活万岁」「我是真的爱你」
主演的なので日本に来そうなのはないかな・・・
がんばれ代旭!

無證之罪てこが見た感想

どろっとした黒い感情と鬱屈とした北国の閉塞感を感じる映像がマッチしていて世界観を感じた。
画面がいつも暗いので、誰が殺されたかちょっとわかりにくいとこもあるにはあるし。
脚本もちょっと唐突な流れがあったので、カットされたシーンなどもある気がする。
しかし、許容範囲なので良しとしたい。
 
スノーマンが誰なのか序盤でわかるのでサスペンスみというか謎解きみはあまりない。
その分人間模様が興味深く、人の心の脆さなどがよく表現できていたように思う。
内容も映像も映画に引けを取らないクオリティで、シネフィルでも楽しめるのではないだろうか。
 
さぁ次は@悪童バッドキッズである。
紫金陳ズ・ジンチェン@推理之王シリーズコンプリート目指して。
まずは視聴する事とする。