中国映画『陰陽師とこしえの夢』(原題・晴雅集)映画レビュー(加筆修正版):夜華・旭鳳・ゴンズー三大美男の破壊力にノックアウト。【趙又廷マーク・チャオ】【鄧倫/邓伦ダン・ルン】【汪鐸ワン・ドゥオ】『瀧夜曲』【張暁晨チャン・シャオチェン】キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年2月18日

「中国映画 陰陽師 汪鐸ワン・ドゥオ」の画像検索結果

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。

今日は中国版「陰陽師とこしえの夢」(原題・晴雅集)を紹介するよ。

永遠の桃花で多くの夜華廃人を生産した趙又廷マーク・チャオ。
霜花の姫」で多くの旭鳳廃人を生産した鄧倫ダン・ルン。
晩媚と影
で多くのゴンズー廃人を生産した汪鐸ワン・ドゥオ。

豪華にもほどがある。
ネトフリで配信されるのを指折り数えて待ち、5巡くらいしてようやく落ち着いたので備忘録として記事を書くことにする。

ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

「中国映画 陰陽師 汪鐸ワン・ドゥオ」の画像検索結果

陰陽師の魅力って?

「中国映画 陰陽師 汪鐸ワン・ドゥオ」の画像検索結果

見れば見るほど”ゴンズー圧勝一人勝ち”ゴンズーが全部持ってった。
見ても見てもマーク・チャオがかっこよく見えない悲しさ。

敗因を考察してみた。
まずビハインドスタートの原因である衣装。
衣装が敗因①である。
夜華は黒がよくお似合いだった。
それなのに道士服は白、くわえてのあの帽子。
あの帽子はよくない、ほんとに。
夜華だからあんくらいで済んでるけど、他のメンズなら一発アウトなレベル。
ダン・ルンの帽子はお内裏様みたいでまだ許せる。
服も黒でかっこいいし。

「中国映画 陰陽師 汪鐸ワン・ドゥオ」の画像検索結果

敗因②はマーク・チャオだけ露出なしなのはなぜ?である。
あれはズルい。
”夜華だって脱いだらすごいんだからーっ”って呟く。
せめてミステリアス設定は安倍晴明にしてくれたら、少しはよかったのに。

敗因③は”戦い方が地味”である。
ゴンズー&旭鳳はキレっキレな戦闘アクション満載なのに、夜華だけ呪文って、、、。
夜華もばぁさーって飛んだり、うひょーってスケボーしてほしい。
ほんとは出来る子なのに、、、。

敗因④はイケメンキャラが多すぎな事。
特にチーム式神の面々。
式神ってNARUTOでゆうところの口寄せ。
召喚獣みたいな感じで、主の為に命を賭してまで戦ってくれるわけだが。
これがまた、ビジュアルが良すぎで厨二心をかなりくすぐって来る訳で。
てこも式神ほしい。

夜華見たさに「陰陽師」を訪れた淑女は同じように悲しんだに違いない。
そして、それでも”ゴンズーいいわぁ”と複雑な気持ちながらも呟いてるに違いない。
そう、文句なしにゴンズーはかっこ良すぎた。
晩媚~の時より10倍はかっこえぇ。

ゴンズーの突出したかっこ良さに、マーク・チャオ&ダン・ルン夢のBLがかすんでしまう悲しさ。
↑こんなポスター作る訳だから、淑女のみなさんもそれはそれは期待したことであろう。

「中国映画 陰陽師」の画像検索結果

ね?メイキングも。
さらなる期待にてこの脈拍も熱く波打ってたわけだが。
とにもかくにもゴンズーの存在感が大きすぎでノックアウトであった。

陰陽師てこ監修”イケメン備忘録”

鶴守月役:汪鐸ワン・ドゥオ

「ワン・ドゥオ 汪鐸」の画像検索結果

はぁ~😍お美しや。
相変わらずの伏し目がよろしい。
加えてのチョイ見せで淑女たちを悪戯に刺激してくるあたり。
監督の「どや?コレが見たかったろ?」のどや顔がうかぶ悔しさ。
「はぃ、見たかったです、、、」笑

画像

ところが、である。
チョイ見せかと思いきや、妖魔憑依からはずーっと↓このお姿で戦うという。
(夜華は下でぶつぶつ呪文、もう負け確)
絶対滅びない最強妖魔設定であるからして、強いのなんのって。
蛇妖魔だから、ゴンズーの体にも鱗が現れるんだけど、なんせゴンズーだから。
それはもうかっこよくて、NARUTOの大蛇丸さまとは大違いである。

画像

↓は晴明の師匠。
ゴンズーが二役やってる訳だが、↑は愛する女を守るために自らが作った分身人形。
ゴンズー事情だけ丁寧に描かれてるあたり、明らかなゴンズー押しである。
汪鐸が見事に完璧に演じ上げてサイコーにかっこいいから許すけど、男主はあくまで趙又廷なんだぞっ!って言いたい。

画像
おじいさんになってもかっこ良さが隠せない

博雅役:鄧倫ダン・ルン

画像

ゴンズーの強気の押しにかなり対抗しそれなりのかっこ良さをアピールできた鄧倫。
夜華よりはいくらかまし。
衣装も黒でよいし、帽子も許せる範囲内。
笛もうまいし(笑)
ビジュアルも相変わらずのお美しさである。

画像

驚いたことに博雅の体に朱雀を召喚して式神にしちゃうという謎の式神システム。
驚いたことに朱雀さんも↓こんな素敵なお姿に💖
これで一気に株が上がった博雅。
ゴンズーに劣らぬ肉体美、ステキすぎ。
ぇ?もしかして夜華も?ワンチャンある?
と期待してしまった自分を叱りたい。

「中国映画 陰陽師 ダン・ルン」の画像検索結果

陰陽師てこが見た感想

男主であるはずの二人、晴明&博雅のキャラ設定が雑過ぎる。
監督は夢枕獏の陰陽師をきちんと読んだのだろうか?

「中国映画 陰陽師 ダン・ルン」の画像検索結果

日本でもversion違いでたびたび映画化されてるが、こんな感じではない。
あくまで晴明はミステリアスで偉大な陰陽師であるし、博雅は信念があり義の男である。

そして納得できない点、とってつけたような”キツネ関係”は一体なんだったのか?
間違いなくNARUTOじゃね?
見てるとちょいちょいNARUTO思い出すあたり。
監督は”NARUTO的陰陽師”を作ったのだ。
それならそれで、きちんとうずまきなるとポジションの晴明を軸にすべきなのに。
キツネがお母さんなら”九尾狐晴明”になって戦ったらよろしい。

実はこの「陰陽師・晴雅集」は2部構成になっているらしい。
監督の盗作疑惑スキャンダルで続編の「瀧夜曲」公開にものいいがついてるらしい。
盛り上がりに水を差すこの事態。
何としても回避してもらいたい。
お国柄としては”袖の下”かなんかで、うまく、その、、、。

続編こそは夜華が甦ることを期待したい。

『瀧夜曲』について語りたい【張暁晨チャン・シャオチェン】

上述にあるように、本作『陰陽師とこしえの夢』(原題・晴雅集)は本来2部構成の映画で続編がある。
その名は「瀧夜曲」という。
監督の不祥事で、本土では映画は公開されたもののすぐに公開中止、しかしなぜかネトフリJapanに入ってきた「晴雅集」。
諦めてたところの突然の朗報に沸き立つ人々。
ゴンズーさすが、とか
マークいまいち、とか
るんるんはまぁまぁ、とか
皆それぞれ徒然に堪能したわけだが。
 
忘れてもらっちゃ困るよ、続編を、なのである。
 
で、その『瀧夜曲』には、新たなキャラクターが加わるのだが。
それは、てこブログでもたびたびランクイン済である、張暁晨である。
彼の芸歴は長くたくさんの作品に出演しているので、皆さんも少なからず見たことがあるのではないだろうか。
「美人心計」「三国志〜趙雲伝」「寂寞空庭春欲晚」(皇帝の恋)「天盛長歌」(鳳凰の飛翔)「蘭陵王妃」「千古玦塵」「贅婿」「雪中悍刀行」「風起隴西」「1921」
ざっと書いてもこんくらいあるが、実は出てる作品はもっともっと山程ある。
いわば、どんなキャラクターでも完璧に演じ上げることのできる実力派明星である。
彼が、この続編で一体どんな役柄で、主角たちとどんな風に交わるのか、考えるだけで嬉しくなってしまうのである。
 
正直なところ、何度も言うが、本作での主角の趙又廷は存在感も薄く、彼の魅力など全然反映されてないのである。
続編での巻き返しを多くの方が望んでいるであろう。
てこもその一人であるが。
だがしかし、このアクの強い張暁晨の投入が、吉と出るか、はたまた凶と出るか、などと日々想いを募らせているわけだが。
またまた主角が喰われちゃったりして、とか徒然思ってるわけだが。
 
残念なことに、撮影は終了してるものの、事件の後制作は中断されているというなんとも悲しい状況である。
てこにできることといえばネトフリにリクエストくらいなのだが。
本当に見てみたい続編「瀧夜曲」なのである。
 

華流映画

Posted by teco