中国ドラマ『山河令』(原著:天涯客)ドラマレビュー:日本上陸記念!其の1~完結編までまとめちゃいました♡【龚俊ゴン・ジュン】【張哲瀚チャン・ジャーハン】【李岱昆・范津玮・魏哲鸣】キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年2月21日

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。
 
今日は、中国ドラマ『山河令』(原著:天涯客)日本上陸記念!其の1~完結編までまとめちゃいました♡ネタバレあり、を紹介するよ。
 
割と前に書いたブログではあるが、無事に日本上陸という事で訪問される方々が見やすいようにまとめました。
日本語字幕でみれるなんて夢のようですね、皆さん。
自分は恐らくは間違って解釈してる事とかもおおいにありそうであるが、そこんとこは目をつぶっていただきたい。
 
主角(攻め)の張哲瀚チャン・ジャーハンは、芸歴が長いわりに心ならずもくすぶっていた感が大きかったが、この作品で間違いなく転機が訪れるであろう。
もう一人の主角(受け)の龚俊ゴン・ジュンはすでに頭角を現し、次々と主角級の話が聴こえてくる。
誠にうれしい事である。
 
当方のブログは「わかるようでわからない、わからないようでわかる」ブログであるが。
やはり若干のネタバレ感は否めない。
なので、そこいら辺はよろしく了承いただきたい。
 
張り付けただけだと、アレなんで最後に「おわりのことば」を追記する。
 
ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

山河令:其の1~ブロマンスな武侠アクション

山河令:其の2~ブロマンスな生来知己の世界へようこそ💛

山河令:完結編~胸熱なブロマンス”你身上有光我抓来看看”

山河令:おわりのことば

原著は「天涯客」著者はBL界の神Priest先生である。
この作品を含め、先生の作品の実写化は3作見てきた。
イー:「有翡
アル:「鎮魂」(鎮魂其の1其の2
サン:本作「山河令」
 
原著「鎮魂」「天涯客」はマジもんの耽美=BLである。
いちゃつくし、ちょっとどぎまぎしてまうほどのBLっぷりである。
しかし中華な規制が厳しいのでアレは極力抑えて”brothersromance”に無理くり体裁を整えた訳である。
 
であるが、しかし、「山河令」はブロマンスでありながらもそれなりな武侠モノでもある。
武侠の基本をそれなりに押さえてるならばそれはやはり、まぎれもない武侠ドラマである。
したがって本作は”ブロマンス武侠”という全くもってNewなジャンルと言える。
 
だがしかし、考えてみれば武侠や義侠の世界はおおよそ男だけの世界であるから、一歩違えば?的な事は今までも感じた事はある。
武侠・義侠の世界とは
「生まれた時は違えども、死ぬときは一緒である」
などと杯を交わすわけである。
「お前の罪はわたしの罪でもある。お前を殺すが、安心せよ、一緒に逝ってやる」
などという世界である。
最期の時に思い出したり心残りなのは、妻や子ではなく、師匠だったり師兄弟だったり、知己だったりする訳である。
そう、みなが薄々感じてた事を敢えて文字に起こした、それがPriest先生なのである。
すごない?
 
武侠という上手いバックグラウンドを作ったことで、より自然に”知己・ソウルメイト”を受け入れることが出来る方程式である。
だからこそ、回を重ねるごとに耽美さは薄れていったように思う。
終わった時に流れる涙はただただ切ない。
そこにはよこしまな心などなく、ただただ純粋な気持ちだけが残っている。
残して逝くものの無念さ、残されたものの余生の虚しさ、そんなこんなを考えるとそこにあるのは単純な愛情などではないことがわかる。
そこにはひとつ超越した思いがあることに気付く。
それに気づいたとき、涙は枯れるはずもないのである。
 
出来るなら、山の上で二人のんびりとセトウツミてきな風景が流れてる事を願う。
互いを見つめながら光の中で微笑む。
そんなエピローグを脳内捏造するてこなのである。
 
日本上陸で始めてみる人も2巡目の人も、この気持ちを共感出来たらとてもうれしい。
とにかくたくさんの人が見る機会が訪れたことに感謝したい。
 
読んでくれてありがとう、みなも存分に楽しんでくれたまえ、アディオス!