中国ドラマ『与君初相識·恰似故人帰』(原題:与君初相识・恰似故人归)ドラマレビュー其の1:与君初相識ターム1〜22集まで【任嘉倫/任嘉伦アレン・レン】【肖順尭/肖順尧シャオ・シュンヤオ】【王東/王东ワン・ドン】【此沙ジェ・シャ】【李俊賢/李俊贤(李燊)リー・ジンシエン】キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年10月30日

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。
 
今日は、中国ドラマ『与君初相識·恰似故人帰』(原題:与君初相识・恰似故人归)ドラマレビュー其の1:与君初相識ターム1〜22集まで
を紹介するよ。
 
【基本情報】
 
監督:朱鋭斌(総導演)、古志威、藍志偉
脚本:李晶淩(総編劇)、江萊、盧暁丹、乾詩
P:楊柳、張元歓
原著:馭鮫記(九鹭非香)
主演:迪麗熱巴、任嘉倫、肖順尭、郭暁婷、此沙、範楨、王子騰、王東
プラットフォーム:優酷、2022/3/17〜、2022/4/4〜
上部45分✖️22集、下部45分✖️20集
 
らばとアレン君なので、絵面がきらっきらだ。
 
しかし、てこが喰いついたのは【肖順尭/肖順尧シャオ・シュンヤオ】だろう。
師にいちゃんだ。(司馬懿の長男@司馬師
ぃやぁ、再会できる慶に沸くてこだ。
 
そして、てこ激推しメンのわんどん先輩【王東/王东ワン・ドン】も出る。
白い服着てるので、正派なんだろうけどきっとヴィラン。
そうに決まってる。
 
てこはまだ22集までしか見ておらず、未だ出てきてないのだが。
出演者一覧にはえんさーぐぅ様ことケビン兄さん【譚凱/谭凯タン・カイ】♡の名がある。
きっとちょい役なんだろうけど、再会できる慶に沸くてこだ。
 
アレン君は鮫らしい。
じんべえとかではなく、シュッとした方の鮫だ。
ってことはアレだよね。
下半身はヒレだろうけど、上半身は肌肉が拝める仕様だろう。
 
ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

与君初相識ってどんなドラマなん?

仙人みたいな生き物と、それよりちょっと弱い霊師みたいな生き物と、蛇とか蝶とか狐とか猫とか鮫みたいな生物の魂を持つ種族が存在する架空世界。
途中人間界では魔法使っちゃだめ、とかあったので人間も存在しているようだ。
 
仙人チームの姫が海で溺れてたとこを、アレン鮫が助けたのだが。
この姫が
 
・アレン鮫の尻尾でドレス作りたい
・アレン真珠がほしい
・アレン鮫を奴隷にしたい
 
という無理難題を、配下の一つである”万花谷”チームに依頼する。
そこに居たのがらばだ。
 
で、らばは万花谷の谷主の息子と師兄・師妹関係だ。
しかし、らばは谷主から毒で支配されており、ここから抜け出し自由を熱望してる女子だ。
なので、アレン鮫を飼い慣らして上手いこと逃亡できないか、と考える。
というのが初期設定だ。
 
仙人たちってめちゃ強って噂だが、そんな仙人姫が溺れるんか?というつっこみは各自自由にして構わない。
 
始まってみて好感が持てるのは、らばのキャラがあんまりきらきらしてないことだ。
強かだし、自分の目的のために計画を練るのは割と賢いし、その計画が悪どい。
まぁ、利用するつもりで仲良くしてたらマジ惚れしちゃうのはデフォルトだが、それが女が男を利用するってのはいいよね。
 
で、アレン鮫は鮫語しか理解できないしめちゃ暴れてんの。
 
「くっそっーーーー
離せーーーーーー」
 
みたいに、うぅぅぅ〜〜〜〜〜〜、って唸ってる。
でも、鮫は優しく善良で素直なようで、わりとすぐにらばに心を開いていく。
言葉も少しずつ話せるようになるんだ。
そのあたりがおぼこくて佳きだ。
 
もうこのラインはどうせラヴラヴになるのだからほっといていい。
問題は万花谷事情だ。
この谷では、霊師に対して一人の従者が付くのだが。
谷主の従者は狐(♀)。
谷主の息子には蛇(♀)。
らばには蝶だ。
 
で、この谷も”don’t love”ルール採用だった。
最近レビューした「沈香如屑·沈香重華」もだったが、今旬なのだろうか。
don’t loveなのに、狐も蛇ももっすごくマスターが好きなのがだだ漏れだ。
 
谷主がこのルールに拘るのは、息子がらばを好きになったりして恋愛至上主義のあまちゃんになったらダメだからだ。
谷主は谷と息子の事しか考えていない。
そのとばっちりで谷に居るものは恋しちゃいけないのである。
ルールを破った者の末路は”死”だ。
実に恐ろしい。
 
ちなみに谷主は海一天殿下だ。
そして息子が@師だ。
@師は其の2のてこ監修”イケメン備忘録”でねっちり紹介する。
 
この息子(@師)も実はらばを熱望してる男子なんだが、ぱぱの手前もっぱらツンデレムーブだ。
そうすると、@師を好きな蛇がフライングするとか。
もう一人の霊師の女子と従者の黒猫とのラヴとか。
囚われてた青鷲さんのラヴとか。
もうちまちました話が続いて、視聴意欲がだだ下がりだ。
 
らばとアレン鮫は逃げ出すことに成功するが、へんな夢世界みたいなとこで。
ようようそこを抜け出したら、谷主の家の裏の池だった、とかもう笑える。
 
姫にやいのやいの言われてるし、万花谷存続がかかってるので。
谷のみんなも必死だ。
とうとうアレン鮫はらばの為に大きな犠牲を払う。
それでもアレン鮫はらばのこと大好きだし、らばも大好きで。
しばらくはいちゃこらが続くのだが。
見てもいいな、と思ったのは”焼き芋キッス”ぐらいだろうか。
 
ようやく話が面白くなってくるのは、アレン鮫が仙人マンションに移送中に逃げ出すことに成功してからだ。
アレン鮫は、崖落ちだがもちろん存命で。
打倒仙人のキャプテンみたいになっている。
そして、らばに復讐するとか息巻いている。
 
物語の冒頭は、全くおぼこくない冷ややかムーブのアレン鮫がらばを雪中で甚振るムーブだったので。
どんなに好きでも恨むほどの何かが起きるのはわかってたが。
この崖の上での出来事がどうやらそれのようだ。
もうこれも、いずれ誤解とわかるとか、やっぱりそれでも好き、とか。
そんなこんなでまたいちゃこらになるはずだから。
その辺も心配は無用だろう。
 
らばは、崖上で覚醒してしまい。
尻尾が九本生えて来よった。
やっぱりここでも狐(しかも赤狐)だったらばだ。
それを見た仙人チームマスターに目をつけられて、仙人マンションに囚われている。
その仙人チームマスターが@仙師ことわんどん先輩【王東/王东ワン・ドン】だ。
ここの仙人チームは一応↑の先輩の上には天帝ポジの人がおるのだが。
まだまだ幼い皇帝のようだし、内部は揉めてるようだ。
先輩はやっぱりなんか悪巧みしてるようだし、姫を猫っ可愛がりしていてなかなかのキモさだ。
 
らばは囚われ中にトレーニングしていてどんすか強くなってるし。
狐のしっぽ九本うらうらさせて、そうとうオラついている様子だ。
かなり強そうなので、自力で脱出できそう、とか思ってたが。
いきなり苦しみ出したらばだ。
どうやら、陰陽両極の力を体内に持ったらしく(たぶんそんな感じ)その反動で命が危ういレヴェルのダメイジを負ってる模様だ。
そしたらやっぱり
しゅったっーーーーーってアレン鮫参上”ムーブで颯爽と助けに来た。
 
アレン鮫の元に連れてこられたらば。
アレン鮫を好きな狐王の娘。
らばの体調悪化。
世界の秩序を守るための打倒仙人チーム。
 
という背景で下部へと続く。

与君初相識てこ監修”イケメン備忘録”

Newカマーな男子@离殊【此沙ジェ・シャ】

㊗️てこブログお初Newカマー男子@黒猫【此沙ジェ・シャ】だ。
ズゥ・シャかもしれん。
 
富士びたいの進化版みたいなひたい(火口二つ)だし、編み込みが複雑だけど。
役どころとかは今のところ特に魅力的なとこはないが、ルックが佳きだ。
少しだけ、ほんの少しだけ武殿(金城武)を彷彿とさせるルックだ。
 
ほんとに役どころは、まぁどーでもいい立ち位置なんだが。
サブのラヴラインを担当してるのだが、途中で殉死する。
確かに殉死したはずだが、蘇る。
いいけどね。
見足りなかったから。
復活事情は謎だが、結果的に安定的に出番がある。
ただ、肝心の彼らのラヴラインがありきたりな設定なので楽しみに待つようなエピソードはない、念のため。
1997年5月3日生まれの25歳、180㎝、70kg。
四川電影学院卒業。
 
英名がJ_Blackらしいので、今後は”J”と呼ぼうと思う。
皆も呼んでいいですよ。
 
デビュウ作は、2017映画「封神三部曲」で、播出済みのドラマは「一生一世」だけだ。
なんとそれはアレン君の「周生如故」の続編じゃないか。
2集くらいで、面倒になって放置したままなのが悔やまれる。
だってアレン君、前世の記憶ないんだもん・・・
気が遠くなるほどめんどくさい予感がしてリタイヤしてしまったのだが。
Jを見れるならもう一度チャレンジしようと心に誓ったところだ。
 
待播:繡春刀·山河之影、玉骨遙、花間酒人間月
 
なんとも楽しみな作品ばかりではないか。
今後もねっちりと追いかけたいNewカマーだ。
てこの眼に狂いはない、いつもどこまでも。

お久しぶりな男子@姫成羽【李俊賢/李俊贤(李燊)リー・ジンシエン】

【李俊賢/李俊贤(李燊)リー・ジンシエン】
 
くぅ〜、悲しいことにいい画像を見つけられなかった・・・
てこブログでは二度ランクイン済み(pickupとかだったかもしれないが)だが、今回もフォーカスしたい。
今までも何かと微妙な立ち位置の役が多い。
本作も、微妙と言えば微妙だがこんな立ち位置の明星を応援したくなるてこなのだ。
そしてやはり(きらきらじゃないのに)いつもてこの眼に止まってしまう、不思議な男なのだ。
 
慶余年」の@高達さんだ。
風起洛陽」にも@申非君で出てるんだ。
 
今回の役どころは、わんどん先輩の弟子だ。
尊敬してた師匠が実は邪悪、っていうのは武侠界じゃデフォルトだが。
ファンタジー界でも共通だ。
もちろん弟子のじんじんは善良な正派だ。
だから、曲がったことはしたくない、けど師匠はこんなだ・・・〜からのジレンマだ。
 
今のところ、大した活躍もないし、居なくてもいいような立ち位置だが。
下部では、きっとMVP並みの活躍をしてくれるんじゃんないだろうか。
で、先輩が成敗された後の仙人チームはじんじんがキャプテンになるとか、そーゆー流れがいいなぁと期待している。
 
ただ、じんじんはきらきらなルックじゃないので。
こうゆうファンタジーのひらひらはあまり似合わない。
唐代の巻き巻き布お帽子はよく似合ってるし、将軍姿もお似合いだったが。
ハーフアップの仙人は今ひとつだ。
1990年1月31日生まれの32歳、183㎝、70kg。
上海戯劇学院卒業。
 
他の出演作:斗破蒼穹、我不是購物狂、 誰説我結不了婚、没有工作的一年、二十不惑2
 
待播:私奔的外婆、今天的她們

与君初相識ターム1〜22集まで、てこがみた感想

崖落ちするまでのアレン鮫が、今までのアレン君と違うのでそこは見る価値があるかもしれない。
らばは、男前な性格だし落ち着いているし、なにより相変わらずのお美しさだ。
さらには、作品全体的の色調もパステルではなく、わりとシックで好ましい。
ただBGMがメローすぎて嫌な予感しかしないのが玉に瑕だ。
効果音もわりとセンスがよくないベタさだ。
 
下部の、”世界の平和を守るための戦い”に向けての各種設定をして来た訳で。
当然ながら上部では全く何一つ布石は回収されていない。
それはそれでいいが。
やはり邪魔だと感じるのは、サブのラヴラインだ。
これがなければ、もっともっとコンパクトに密度が高くなるのになぁ、と残念に思う。
またもや、ここでも見せられる”色んな愛の形”とか言うなら、”もう結構です”と遠慮したいところだ。
 
当局からの”集数は少なくね”というお達しのために、わざわざ上・下と分けた訳だが。
サブラヴラインを削ぎ落とせばおよそ半分の尺で完結できそうな気がする。
 
この方式がいつまで容認されるか見ものだ。
おそらくもうすぐこれもNGが出ると思うなぁ。
 
レビュー其の2では、アレン君や先輩、そしてなんといっても@師の”イケメン備忘録”を書くつもりだ。
@師にはいろいろと言いたいことがあるんだ。
 
ってな感じで其の2へ続く〜