中国ドラマ『鳳舞伝Dance of the Phoenix』(原題・且听凤鸣)ドラマレビュー:『陳情令』のチャン・カーラム監督による新作時代劇ファンタジー【徐开骋シュー・カイチェン】【王皓軒/王皓轩ワン・ハオシュエン】【郭丞グォ・チョン】【高基才ガオ・ジーカイ】【李川リー・チュワン】キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年9月17日

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。
 
今日は、中国ドラマ『鳳舞伝Dance of the Phoenix』(原題・且听凤鸣)ドラマレビュー:『陳情令』のチャン・カーラム監督による新作時代劇ファンタジー
を紹介するよ。
 
陳情令」の監督さんの新作ってことで、陳情令イケメンズから4名選出されたようだ。
イー:薛洋役【王皓軒ワン・ハオシュェン】
アル:藍景儀役【郭丞グォ・チョン】
サン:温逐流役【馮茗驚フォン・ミンジン】
スー:金子勲役【姚書豪ヤォ・シューハオ】
4人のうちイー・アルのお二人は後のイケメン備忘録にランクイン。
 
邦題がついてるってことは、日本上陸したかするかどちらかだと思う(たぶん)
邦題はなにかと”伝”が多いよね。
鳳が舞う伝記、ってことは恐らくは女が主役だと思う。
この女は「将夜」「将夜2」の綺麗な方の桑桑(天女)だと思う。
去年の夏頃か(たぶん)播出されて見る気はなかったのだが、
つい先日レビューした「皓镧传」の【李川リー・チュワン】繋がりでこの作品に辿り着いた。
邦題もついてることだし、全30集とコンパクトだし、ファンタジーっぽいのできっとサクッと見れはず。
ってことで視聴開始。
 
テンポも良いし、重くないし、ヒロインもウザくないというトリプル奇跡発動。
めでたく視聴継続でレビューに至る。
 
ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

鳳舞伝ってどんなドラマなん?

一言で言うとリベンジ➕ジレンマものである。
 
説明しよう。
 
まずは《リベンジ編》
己の力を奪われ殺された女①
ヒミツのアレで異世界の魂が宿り転生するも、力も記憶もなくしていた
全てを取り戻しリベンジに燃ゆ
 
次の《ジレンマ編》
中文なんでアレだが、おそらくは
力を取り戻してリベンジするのはいいが、異世界転生人なので異世界に戻らんといかん、って事だと思う(たぶん)
戻ればいいやん?もしくは戻んなきゃいいやん?なんだが、ここで愛する人と出会ってしまったから、って事ね。
 
どうせ結ばれない運命なら、傷の浅いうちに別れましょ?
むりーーーっ
だってすきなんだもんっ
でも帰んないと・・・
みたいな感じ。
 
ちーこ命の時に、異世界人@牧九州に出会い”フェニックスブラッド”をもらう。
この九州さんが、我らが【李川リー・チュワン】である。
しょっぱなで登場だったので、ぇ、よもや男①か!などと狼狽えたが。
違ったので安心するがいい。
彼が与えた”フェニックスブラッド”のおかげで、めちゃ無双になったようだし、転生もできたっぽい。
てこも欲しい、フェニックスブラッド。
相変わらずのデカさである。
これでオフィシャル186㎝は絶対ウソ、10㎝の逆サバ確信。
ちなみに隣の女①は168㎝もあるからね?
 
転生を助けたはいいが、九州師父は意識不明の重体。
どうやら、力を取り戻せたり、師父が目覚めたりできたりするスペシャルなアイテムがあるらしい。
女①はそのスペシャルアイテム”なんとかフルーツ”を探すべく動き出す。
旅を共にするのが、元婚約者の@君临渊(中の人、徐开骋シュー・カイチェン)
そこで出会うのが陳情令のしゅえやんこと@御冥夜(中の人、王皓轩ワン・ハオシュエン)である。
 
ラヴラインはセオリー王道。
男①⇆女①←男②
女①⇆男①←女②
 
まぁ、少しセオリーから外れてるのが、
横恋慕男②が闇堕ちせず善良設定。
女②が闇落ちじゃなく、最初から闇落ち済み、ってことくらい。
 
で、いいの、この辺は。
まぁ、好きにイチャコラしてくれていいし、ジェラシーもどんどんやってくれ。
 
問題は、まさかのサブCPの女@朝歌である。
なんなの?この女。
即刻退場すべし。
最初は↑こんなだったの。
ふくよかなこの子がフォーカスされるなら、てこも生暖かい目で見守れたかもしれんが。
途中で↓こんな姿に覚醒してしまうのである。
ビジュアルが変わったのがどうとかではなく。
ぃや、それも問題か。
「実は私こんな美人だった」ってドヤるしな。
この女の性根がきらい、まじで。
最後は「私が犠牲になれば」の独りよがりまでしよる。
 
この女とCPになるイケメンは、結構なイケメンなのであるが。
こんな女好きになるとかう○こだし、とか思っちゃうのが残念でならない。
賢くないし、不幸自慢するし、ちょいちょいヒロイン感出してくるしで、良いとこひとつもナッシング。
たいして可愛くもないのにな。
ふくよかヴァージョンのがよっぽどcuteだったし。
一つ救いは、女主がウザくなかったことか。
ダブルでウザかったら、間違いなく途中放置だったであろう。
 
話を戻すが。
スペシャルアイテムをゲットし、無事にエリクサーマスターみたいな爺さんが丸薬にしてくれたが、パワーゲージは三分の一ほどで。
よくよく聞くと、どうやら他に2つのスペシャルアイテムがあるらしい。
で、それを探し、摂取しながらゲージ満タンを目指す、という流れ。
その間に、ラヴラインのあれこれや。
仲良しメンバーのあれこれや。
おそらくラスボスとなる女王さまの企みなどを絡めていくデフォ進行。
 
クライマックスの要点は二つ
イー:女王さまの野望を防げるか
アル:全てが終わった時、異世界に戻るか否か

鳳舞伝てこ監修”イケメン備忘録”

大鶴義丹な男子@君临渊【徐开骋シュー・カイチェン】

ぃやぁ、てこはこの方お初なんですがね。
どことなく若き日の大鶴義丹を彷彿とさせるルックスなのである。
なんか”ダサかっこぇえ”感じってわかる?
ダサversion↓
かっこぇえversion↓
キメ顔はもちろんの事、愛おしそうに女を見つめる目なんかも、紛れもないイケメンなのだが、
ちょっと気を抜くと、垢抜けないダサさが、うっすらと、ごくごくうっすらと感じられるギャップ萌え。
てこは何かと、間に(あわい)にある男の魅力に弱いのであるが。
彼も例外ではない。
ダサさとかっこぇえのあわいにある男、それが徐开骋である。
 
キャラクターはね、
ちーこ命の時に、陰丹(霜花の姫・参照のこと)みたいなのを飲まされてて、愛を感じると心臓が苦しくなってしまうと言う、なかなかレアな設定。
おそらくその陰丹のせいで婚約解消したのかな、その辺の言及はなかったが(たぶん)
でも、3年後にまたもや深く愛するわけだが。
今ひとつ、なんでこんなにも愛するに至ったか、なのどエピが薄い。
さらに、その陰丹解除がすんげーアッサリ。
今までの苦労って、、、ってなる感じ。
なので、あまり感情移入とか共感とかない。
まぁ、こんなんで、切なくなって泣いたりしたくないし、だからいいけど。
 
アクションは、修練すればチャクラが持てるなんとか大陸のお話なので。
飛んだり、武器が涌いてきたりと、ワイヤー系。
てこは断然リアル寄りの殺陣が好みではあるが、ファンタジーもたまに見ると面白い。
しかも彼も非常に大柄で、大柄が繰り出すくるくるがバエるのである。
 
彼は、今回のコスチュームはパステルカラー&ホワイトだったのだが、黒いのみてみたい。
とか思ってたら来た!
今まさに播出された「斛珠夫人」の@帝旭である。
やだ、なんか期待高ぶるんだが♡
1990年8月8日生まれの31歳、187㎝、75kg。
上海戏剧学院卒業。
 
ぜんっぜん大鶴義丹などには似てないね、断じて。
ってか割と好み、この顔。
2012あたりにデビューで、その後は割と現代劇に多く出てる模様。
本作の後、「国子监来了个女弟子」で主角で@赵露思と共演。
直近が「斛珠夫人」(たぶん)
今後ブレイクしそうなイケメンで間違いないだろう。

しゅえやんな男子@御冥夜【王皓轩ワン・ハオシュエン】

エコバックもって飴玉もらいたかった駄々っ子男子が、こんなに出世しました。
㊗️男②に抜擢。
 
彼は魔尊の息子で、次期魔尊なので、厳しくトレーニングされてきたのだが。
悪になりきれない善良な思考を持っていて、結果、親の期待を”愛”故に裏切ることとなる。
 
こちらも、男①と同じで、女を好きになった経緯エピが今ひとつ薄い。
なので、泣く泣く身を引くわけだが、みてる方はさほど感動しない。
 
まぁ、そーゆーのもアリだが。
てことしては、とことん黒化してゆくとか、邪悪すぎて目も当てられない、とかが見たかった。
最後にぱぱん魔尊がやっつけられた時も、そこに居たはずだけど存在はスルー。
唯一の見せ場が”雷劫”みたいなやつ、ってのが残念だし。
黄昏て簫を吹いたりするなど、いたずらにヒロイン感を出して来る割に、さほどフォーカスされてない。
いろいろと雑な扱いにモヤるのはてこだけではあるまい。
 
黒化するわけでもなく、愛のためにひたすらと〜でもなく。
中途半端な人物像で、正直居てもいいけど居なくてもいい感じは否めなかった。
やっぱり役柄って大事、と再認識したてこである。
1995年9月2日生まれの26歳、177㎝。
北京电影学院卒業。
 
彼はNewカマーである。
出演作も3〜4本しかないが、「陳情令」が大ヒットで中でも@しゅえやんは多くの方を沼へ引き摺り込んだ原動力の一つと言って過言ではない役柄であった。
@しゅえやんを上書きできるような配役に恵まれることを祈ろう。
「以你为名的青春」「沙海」(どちらも未視聴)

どっかで見たぞ?男子@风浔【郭丞グォ・チョン】

どっかで見たことあるなー、どこだっけ?
ってずっと思うのだが、出番も少ないしアップ画像もあまりないために気が付かない。
そしてドラマ中盤、なんとかパビリオンのラスボスが「これって@温逐流やん?」で、突如思い出す。
「陳情令かっ!」
で、芋づる式に「そう言えば女王のお付きの悪さしてるやつも陳情令やんなぁ」と思い出した。
ごめんね?気づかなくって。
 
彼は陳情令の@藍景儀で、@らんじゃんの親衛隊であった。
㊗️男④に昇格。
正直、残念な役でいてもいなくてもいい感じ。
陳情令の時は、あまりにも萌えキャラが多くて、彼には言及できなかったので。
今回はお詫びの気持ちとしてランクイン。
1994年8月18日生まれの27歳、180㎝。
 
彼もNewカマーで、おそらく「陳情令」がデビュー作。
「风犬少年的天空」「皇后刘黑胖」
がんばれ郭丞!

女の趣味が悪い男子@玄奕【高基才ガオ・ジーカイ】

相当な美形だけが許される”触覚ヘアスタイル”である。
この触覚ヘアで自爆した明星は数えきれない。
彼はというと、合格です。
触覚ヘアが様(さま)になると言う事は、美形認定と言う事である。
 
今回は、眉目秀麗・容姿端麗設定であるが、願わくば半グレのやさぐれた役柄の彼を見てみたい。
本作はもう出てくるだけで「きれーやな、この子」だし。
アクションも「ひらひらうふふやな、この子」なのである。
ただ一つ残念なのが、前述した@朝歌という女と恋に落ちる事である。
女見る目がない、まったく。
しかも一緒に逝く必要性が見当たらない。
ほんとに、このラヴラインは必要なかったと思う(確信)
1996年2月15日生まれの25歳、183㎝。
浙江艺术学院卒業。
 
「班淑传奇(ハンシュク)」は学院の男子部のどれかだね、たぶん。
「大玉儿传奇(皇后の記)」はどれだろ、思い出せない。
「美人制造」「 一夜新娘」「玲珑狼心」

鳳舞伝てこが見た感想

なんでですかね、フィナーレ。
それまで割と破綻なく丁寧に作ってきたのに最後の雑さ。
 
逝ったはずの2人も涼しい顔して登場にも?
てこの中文力がアレだからなのだろうか。
しかし、そこいら辺の説明はなかったと思うのだが(たぶん)
なので、”今までの話が異世界の話でした”とか、そーゆーの?などと思ったが。
最後の最後での師父の言葉で、更なる?である。
 
サーチしてみると、やはり本土でも第2季の話が出ていた。
このドラマには原著(神医凰后)があるので、それだとまだ話の広がりがあるのだろうか。
知らんが、大事な事は”きちんと終わる事”である。
近頃はこんな”終われないドラマ”が多くなってきたように思う。
 
ラヴもあるがしつこくないし、男主は好みであるし、ヒロインもうざくない非常にレアなドラマだったのに。
まぁ、80集近く見さしといて「実は終わりませんよ?」よりは、全30集コンパクト設計だからいいか、とも思う。