中国ドラマ『雪中悍刀行』ドラマレビュー其の5:ファイナルは萌叔ランキング☆【張若昀/张若昀チャン・ルオユン】【胡軍/胡军フー・ジュン】【高泰宇ガオ・タイユー】【劉端端/刘端端リュウ・ドゥアンドゥアン】【邱心志チュウ・シンチー】【王同輝/王同辉ワン・トンフェイ】【田小潔/田小洁ディエン・シャオチー】 キャスト情報・あらすじ・感想※ネタバレあり

2022年2月15日

ご訪問ありがとう、てこブログへようこそ。
 
今日は、中国ドラマ『雪中悍刀行』ドラマレビュー其の5:ファイナルは萌叔ランキング☆
を紹介するよ。
 
其の1〜4までは、ストーリー・キャスト情報などをまとめてるので読むがいい。
 
其の1:1〜11集まで
其の2:12〜21集まで(清城山ターム・青州ターム)
其の3:22〜31集まで(江南ターム・徽山ターム)
其の4:32〜38集まで(龍虎山ターム・武帝城ターム)
↑このように粘着にドラマレビューを続けてきた訳だが、今日でとうとう完結である。
 
話し足りないことはないのかい?
ある気がする。
 
ってな感じで始めるよ、最後までよろしく!

雪中悍刀行ってどんなドラマなん?

超英雄爆誕譚である、一言で言うと。
超新星爆発みたいだね、字面が。
 
ちなみに超新星爆発とは、
大質量の恒星や白色矮星が起こす大規模な爆発のことであるが。
例えば、我が地球が存在する太陽系の恒星は太陽である。
要するに太陽が爆発するのが超新星爆発だ。(50億年後に爆発するとされている)
その爆発でできる光り輝く天体を超新星という。
 
なので徐鳳年=超新星、という認識で間違いないと思う。
 
まずとんでもないカリスマの胡軍ぱぱがおるのだが。
そのぱぱが激推しなのが息子の徐鳳年であり。
なので、胡軍組は誰も彼も”鳳年age”が徹底的なデフォルト・基本である。
 
その息子は親の敷いたレールに乗らずに、自分の力で道を切り開いていく。
行くのだが、実はやはり胡軍ぱぱのレールに乗ってた事を痛感し
「くっそーーーーっ
まだまだーーーーこれからっ」
ってな感じから。
「ぉ、想定外」(by胡軍ぱぱ)
みたいな嬉しい誤算も生じてきて、鳳年の成長がわかるという流れが嬉しすぎる。
 
きらきらうふふなラヴもなく(きらきらうふふじゃないラヴは存在する、念のため)
武侠であり
しかし、パワーゲームの権謀術数も散りばめ
何と言ってもてこが何度も言及している方程式
いいドラマ=イケおじの存在
が見事に証明されているドラマである。
 
鳳年の周りに放たれる胡軍ぱぱからのサポーターたちは、みな神レベルの達人である。
なので叔世代なのだ。
何らかの理由で胡軍ぱぱと縁のあるものなのだが。
叔世代は背景がそれぞれ渋いため話に深みが増す訳だ。
ヤングだとこうはいかない。
女だとさらにこうはいかない。
 
数多くのちぇんぺい(先輩)に乾杯である。

雪中悍刀行てこ監修”イケメン備忘録”

超新星な男子@徐鳳年/徐凤年【張若昀/张若昀チャン・ルオユン】

主角の@徐鳳年の張若昀である。
 
ずーーーーっと鳳年age図式なのだが、それを嬉しく思えるほどの人徳さを兼ね備えるまさに英雄。
胡軍ぱぱ初め、まわりの人間が少なからず何かを切り捨てて生きてきたのだが。
鳳年はきっぱりと
「なんで?あきらめないよ、おれは」
「なんで?犠牲なんて出さないよ、おれは」
「なんで?ぜーんぶうまくやるよ、おれは」
という非常に胸熱なこんな人間を頼もしく、そして魅力を感じないものなどいないのではないか。
 
しかし、しかしである。
ほんとすみませんが(先にあやまっときますが)
鳳年は文句なし1000%のかっこよさなのだが、中の人がイマイチだと感じるのはてこだけだろうか。
 
慶余年はよかった、非常に。
役柄も素敵だったが、違和感なしに自然と演じていてやなとこひとつもナッシングだったのだが。
色気まで感じる時さえあったしな。
 
が、しかし、本作はしっくりこない。
貴公子感、やんちゃ感、飄々感、策士感、無双感、どれをとってもしっくりこない中途半端さである。
↑これなんて、密かに好きな女とのしばしのお別れシーンだが。
お互い言いたいことがたくさんあるのに、思いが大きすぎで逆にどーでもいいことだけ喋っちゃうとか。
結果なにも言えてない、とか。
ほんとなら切なくって”きゅっ”なシーンなはずなのだが。
若昀も間違いないイケメンなのだが、なぜかかっこよく見えない。
 
なぜか?
おそらく、彼は白があまり似合わないのと。
さらには長すぎる触覚ヘアーが敗因ではなかろうか。
ほら↑こんぐらいの触覚ならだいじょぶでしょ?
そして。
↑何気にこの決めポーズがかっこよくできない。
ワイヤーアクションもいまいちだったし。
まぁ、ほかのメンツが上手すぎるってものあるとは思うが。
聞くところによると、彼はこのドラマのために10kgの減量をしたらしいのだが。
それが地味に響いているのか。
 
八極拳大会で優勝しちゃう張震さまと比べるのも酷だが、なんというか体のコアがしっかりしていない気がする。
若昀のファンダムが聞いたら怒り狂いそうではあるが。
決して彼が嫌いとか、ダメだとか言ってるのではなく。
更なる伸び代があるからこれからが楽しみですね、って事でどうでしょうか。(ほんと、すみません・ぺこり)
 
それにしても若昀いいなぁ、羨ましすぎる。
慶余年といい本作といい、星の数ほどいる明星から選ばれてこんないい作品に二度も出会えるなんて。
運も持ってる男なのだろうなぁ。
1988年8月24日生まれの33歳、181㎝、70kg(もっと減ってるらしいけど)
北京电影学院卒業。
 
「法医秦明」「我是大侦探」「庆余年(慶余年)」「1921」

萌えポジな男子@寧将軍【高泰宇ガオ・タイユー】

鳳年が剣箱取り戻すための旅のお供の将軍。
最初は弟の@龍象推しだったので、
「何でおれが・・・」
だったのが、鳳年と旅をするうちに鳳年♡になってく。
最後の方は、いい加減過保護だったしねぇ。
こーゆーのって萌える。
好きになりたくなんかないのに好きになっちゃう、ってのが。
しかも、いいのよ顔が
 
彼は槍使いなのだが、ごつめの体躯にぴったり。
そして脳筋属性。
それなのに顔はクールビューティーというギャップ萌えでもある。
第2季でキャス変がないことを祈る。
きゃっ、肌肉マンだった♡
1991年7月12日生まれの30歳、185㎝、75kg。
山东艺术学院卒業。
 
実は彼は「斗罗大陆」で既にランクイン済みである。
でも調べるまで気がつかなかった・・・
「天龙八部」にも出てる。

雪中悍刀行てこ監修”萌叔ランキング”

圧倒的優勝:@徐驍/徐骁【胡軍/胡军フー・ジュン】

ぇ、茶番じゃないですよ。
総合的に判断しても文句なしの優勝です、胡軍ぱぱは。
なんなら叔枠じゃなくても優勝です。
↑冒頭がこれなのね。
で↑これなわけよ。
もうこれだけで優勝なんだが。
 
始まってみれば、息子に呼び捨てにされてるが。
めちゃカリスマな北惊国のゴットファーザーである。
 
豪快で時にはお茶目なドンだが、決して読めない腹の底。
計算し尽くして張り巡らされた布石。
一歩進んだだけで十歩を数えられる男、それが胡軍ぱぱ。
 
知れば知るほどに胡軍ぱぱの懐の深さを感じてしまって♡
胡軍ぱぱも若かりし頃は相当イキってたらしく♡
嫁の心配をよそにぶいぶいやってたのかと思うと♡
しかし、彼も嫁の葬儀で何かを決意した。
そっからぱぱもずいぶんと頑張ったのかと想像するだけでもう♡
「どうだ、おれの息子は。
亡霊たちよ。
あいつなら北惊王にならせてやってもいいんじゃないかー
ぁあ?そうだろ?」
これにはてこも感極まって涙涙。
もう迫力とかがパネぇんです、はい。
 
もぅ、全て満点、優勝
1968年3月18日生まれの53歳、185㎝、ステキ♡
中央戏剧学院卒業。
 
「蓝宇」これは絶対見て欲しい作品。
「天龙八部2003」これも間違いない殿堂入り。
「重启之极海听雷1・2」「将夜

僅差の2位:@曹長卿/曹长卿【王同輝/王同辉ワン・トンフェイ】

出番少なかった。
でも↑がかっこよすぎだった。
歩く姿がもう強そう。
中華なベテランな俳優はアクションは基本デフォルトでもはやスキルではないのかもしれん。
自然に身についてる。
そして見せ方を知っている。
目線・ため・キメ、がしっかりしてるからいちいちかっこぇえ。
ほんとはお前殺りたいが、姫に頼まれてるから殺らん、とかこの顔で言う。
亡国西楚の忠臣で、この顔で跪く。
跪かれてみたい、てこも。
1972年9月12日生まれの49歳、182㎝。
西安美术学院、北京电影学院表演系卒業。
 
たくさんの出演作があって、てこもみてるのがあるかも知れないが。
とりまもっか楽しみにしている「淘金」に出てるようなので注意しとこう。

残念だけど3位:@李パイセン(李淳罡)【邱心志チュウ・シンチー】

李パイセンは僅差の3位。
武芸も申し分ないし、義侠だし、ついでにイケおじだけど。
いっつも汚い足をいじってるのがいやだった(ソコ?)
でもみてこれ↑
間違いないやつでしょ。
めちゃ強な神レベルの達人Zziなのに、瞳がかわいいとか。
絵に描いたようなギャップ萌えである。
そいえば、花の蜜もちゅうちゅうやってたし。
 
彼は「斗羅大陸 (斗罗大陆)」ではイーグルのスタンド使いの校長先生だったのだが。
本作の方が俄然かっこぇえ。
しかし@斗羅はメガヒットらしいから、立て続けに話題作に出演したということか。
来てるのか、今、彼に、風が!
 
最後まで念の為にピーチブロッサム先輩のちーこ剣に仕込みを施してた、意外にも頭脳もキレッキレという。
第2季も一緒に旅してほしいが、新キャラにとって変わられる気もする。
1968年3月31日生まれの53歳、178㎝、70kg。
台湾世新大学卒業。
 
そう言えば「斗破苍穹」にも出てた。
「鹤唳华亭」「天龙八部」「一念时光」は@トーマス(佟梦实)のでは?お父さん役とかかな。

4位:@魏叔阳/魏叔陽【田小潔/田小洁ディエン・シャオチー】

なんか居たり居なかったりするんだけど、この叔。
おそらく居ない時は胡軍ぱぱのミッションをこなしてるんだと思うんだよね。
昔っから徐家にいるようで、徐の子供らにみんな”おじいちゃん”いわれとるし。
もう家族だよね、言わば。
だから鳳年のジレンマなんかも理解してはいるけど、胡軍ぱぱは更なるカリスマだしね。
鳳年が地下室入った瞬間に自分の荷造りしてたしね。
なんだろう、この家に居た経緯とか原作だとそこら辺も言及してるんだろうか?
まじで読もうか思案中。
おそらくは胡軍ぱぱを熱愛してると思うんだ。
地味に強いしね。
でしゃばらない強さと従順さがつぼだった萌叔である。
1970年1月30日生まれの51歳、174㎝、55kg。
小柄、めっさ小柄。
中央戏剧学院卒業。
 
楚乔传(楚喬伝)」「沉默的真相」ぇ、ほんと?って感じだが。
今までもそんな感じだったのかも。
本作を足掛かりに今後活躍してほしい。

おまけの今日の@端端・・・(趙楷)【劉端端/刘端端リュウ・ドゥアンドゥアン】

「来たか、嫁よ」
「嫁じゃねーし」
・・・
ほんと好きだった、このキャラ。
願わくば第2季も見たかった。

雪中悍刀行てこが見た感想

超英雄爆誕譚とはいうものの、いまだ超英雄には至らない。
スチール見ると二刀流か、と楽しみにしてたが未だ二刀流スキルは見せてもらえていない。
老黄の剣箱奪還したのでそれと、ピーチブロッサム先輩から貰ったちーこ剣が今後の武器になるのだろうか。
さらには、李パイセン直伝の
”蛇の呼吸”(by鬼滅)みたいな技も使えるようになるのだろうか。
 
ざっと考えても今までの布石はほぼ回収していない。
肩がついたのはままの仇のうちの1人だけ(他もいそう)、と剣箱回収の2点のみである。
徐ファミリーの兄妹は不穏さはないが、養子で特に長男(帝君)あたりが不穏だし。
朝廷とのパワーゲームも胡軍ぱぱのがんばりどころ。
 
「好きな女も諦めないし
犠牲とかも出さないし
きっちりままの仇も打つし
武芸も磨くし
めっちゃhappy北惊国つくって兄妹みーんなで暮らすんだ」
って心意気。
 
絶対に第2季作ってもらわんと困ります。